蟄虫培戸(虫隠れて戸をふさぐ)

2014.10.01  12:40  信州・松本平の風景

松本平はめっきり朝晩の冷え込みが厳しくなり、
あっという間にちらほらと紅葉する葉が見られるようになってきました。

七十二候の暦の上では、蟄虫培戸(虫隠れて戸をふさぐ)時期だそうです。
それにしては、まだまだ虫とはきのこや栗の早いもの合戦が続きそうな・・・。

近頃はきのこ採りに山へ入って熊と遭遇する事故が多いそうです。
“蟄熊培戸”はまだまだ先になります。
美味しいものの多い山、早いもの合戦に夢中になりすぎない様に注意です。

画像は誰も食べていなかった綺麗でこわいきのこ。
名前はシロオニタケというそうです。やっぱり毒アリ。     (中野)

シロオニタケ

シロオニタケ