特殊伐採 inやなりん事務所

2020.11.09  12:43  お知らせ, 特殊伐採事例

みなさま、こんにちは~
標高2000m級の山々に雪がかぶりはじめました信州より

やなりん樹木班の活動内容のご紹介

やなりんでは、特殊な技術が必要とされる伐採を請け負っています。

たとえば、庭木や街路樹、公園・社寺仏閣の敷地内等、 周囲を傷付けたくない場面や、大径木、高木などの伐採や剪定などなど。

 

こうした特殊伐採のお仕事を、何度かブログでもご紹介していますが、先日も樹木班が出動しました!

 

出動先は、やなりんの敷地内です(笑)

 

やなりんの事務所入り口に生えるカエデの手入れです。

このカエデ、枝が伸びて道路にはみ出した上に、電線にも架かっていたので、樹木班のツネ・スナガワ+インターン生ナカウネ君に、作業してもらいました。

こうした特殊伐採のご依頼は、松本市内をはじめとする各所からいただいています。

 

特殊伐採の内容は様々です。

たとえば、せまいところで大きくなってしまった木を伐らずに生かしたい、

伐らなければならないけれど、思い出の樹だから材木として活かしたい、

台風などの自然災害で、倒れた木が道を塞いでしまったななど。

 

数年前になりますが、スキー場のリフトに倒れ掛かった木を泊りがけで請け負ったこともあったんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木の事でお困りの際は、お気軽にご相談くださいませ。

豊富な経験を持つ伐採の専門家である私たちが、確かな技術でお客さまのご要望にお応えします!

 

きたおか