菌根講座

2017.10.19  11:21  やなりん造園部

わかばやしです。
先週末、京都の宇治にて菌根菌の研修会に参加してきました。
講師は菌根菌分野の研究、活用などで活躍の一流どころの先生ばかり。
一流のバイブレーションをしかと感受して参りました。

根と菌根

根と菌根

根っこに見えているうち、茶色いものは根ですが白いものは菌根か菌糸です。
植物の根だけでは吸収できない遠くの養分や水分を運んでくれます。
菌は養分や水分を、植物は光合成生産物を交換し合いお互いに共生関係が結ばれています。

 

 

小川先生と「土」

小川先生と「土」の字源

 

小川 眞先生の講義は、「土の生態」というタイトルで「土」という字の字源から始まりました。
見えないけれど土の中には、小動物、昆虫、菌類、種子など命がいっぱい。
「土の生態」、土が生きているってこと、感動しました!

キノコのコロニー

キノコのコロニー

 

 

 

 

キノコの兄弟の足元をめくり、菌糸の観察

皆で観察会

皆で観察会

 

 

 

 

 

大先生と観察会、白熱

縫われた落ち葉

縫われた落ち葉

 

 

 

 

 

落ちた葉はあまり風で飛びません。
理由はキノコの菌糸で縫い付けられているからでした。
キノコと黒い菌糸が見えますか?

お食事中!

お食事中

 

白色腐朽を起こすカワラタケ。
人から見たら腐るでも、キノコにとっては「お食事中」
食事は賑やかな方が好きなタイプのようですね。

 

 

 

以上、菌根講座の報告でした。

今年の冬も菌根菌を活用した樹勢回復施業を予定しています。
真剣に「土」や「樹木」に向き合いたいと決意した研修会でした。

わかばやし


「冬 の 主 役」

2017.10.17  09:20  社員SNAP&LIFESTYLE
久恒家の暖炉

久恒家の暖炉

 

 

 

 

 

 

 

うちに新しい冬の主役がやってきました。
キセルをくわえてるような顔がお気に入り。

どうせならとリフォームも…と手をつけてしまったが最後。
忙しいし、家の中荒れてるし。壁も抜いちゃって寒いし。
冬までに間に合うかな…?

完成後のあったかくて楽しい生活だけをイメージしてがんばろっと。

ひさつね


山の田んぼ.その2

2017.10.11  03:51  社員SNAP&LIFESTYLE
山の田んぼ稲刈り前

山の田んぼ稲刈り前

こうべを垂れる稲

こうべを垂れる稲

刈り取り後

刈り取り後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の田んぼのその後、秋の田んぼ無事に稲刈り終了しました。

里の田んぼ

里の田んぼ

田んぼ4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

里のたんぼも翌日稲刈りしました。
珍しい電車が通るという事で、大勢の撮り鉄の人が集まっていました。

たかばやし


やなりん華道部

2017.10.06  04:13  やなりん華道部&園芸部

柳沢林業の事務所の庭から秋のお便りをお届けします。

華道部1
玄関に生けてみました。
華道部2

華道部3
こちらは、岡田の里山から、客間に。
華道部5
ちょっと無骨なコケ玉と、ドライにしたい紫陽花と蔦。
華道部4
副社長室の机の上の”ガマズミ”

きたおか


実りの秋&夜遊び

2017.10.06  11:04  社員SNAP&LIFESTYLE
イチョウ

イチョウ

イチョウ 別名ギンギョウ

松本市旧四賀村に仕事に行った時、たわわに実っていました。
収穫の許可も得たので、採りに行くのがたのしみが、しかし、これまた美味い物はそ〜簡単にはいきません。これまた、臭い!んです。
でも、美味いんです。

 

注意事項

種子は銀杏(ぎんなん、ぎんきょう)と呼ばれ食用として流通するなどしているが、これは中毒を起こし得るもので死亡例も報告されており、摂取にあたっては一定の配慮を要する

そして、昨日は、夜遊びしにアルプス公園へと出掛けてきました。

施工地

施工地

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは、何年か前の施行地でもある為、様子も見がてら行ってきたとさぁ。

夜のアルプス公園

夜のアルプス公園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の探検もしてきましが、これまた楽しかったです。

そう。りんごのお祭りです。

収穫の秋やら、食欲の秋やらと言いますが、各々秋の楽しみを、、、

いでたくま


雨の日

2017.09.29  05:21  その他, 未分類

昨日は1日雨降りでした。 なので、大好物の機械のメンテナンス。

スチール MS200

スチール MS200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェーンオイルの出ないチェーンソーのオイルポンプのオーバーホールや、

引っ張りだこキャブ

引っ張りだこキャブ

 

 

 

 

 

 

 

引っ張りだこのキャブレターオーバーホール。
そのほかにも、エンジンの止まらないチェンソーの修理やブレーキの解除できない
チェンソーの修理などこまごまと行い、すべて気持ちよく直りましてニンマリな1日でした。

わかばやし


チェンソー祭り

2017.09.25  08:52  お知らせ, イベント

わかばやしです。

今週の週末に安曇野市の山風舎さんで大感謝セールがあります。

セールでは、薪の講習会、薪のオークション、ワークショップ、ライブ等があり飲食のブースも充実しストーブユーザーはもちろん、一般の方でも楽しめると思います。

ブースの一つに普段、会社のチェンソー関係の一切をお願いしている「モーターーサービス片瀬」のブースがあります。
ブースでは新型チェンソーの試し切りや刃の目立て相談、不調なチェンソーの相談などができます。
ハスクバーナーのエリアマネージャーもおりますし、山のこと、薪のこと、チェンソーのことを相談できるわかばやしもおります。
2017秋イベント表2017秋イベント裏

わたしは都合により30日の土曜日のみですが、都合のつく方は是非遊びに来てください。
山や木や薪やチェンソーに関するよろず相談なんでもお待ちしております!

わかばやし


特伐班のお仕事3

2017.09.21  03:27  特殊伐採事例

松本市波田にあります、諏訪神社
根腐れから木の幹が空胴になってしまったと思われます、木の伐採を依頼されました。

特伐班の出動です。

波田・諏訪神社1

波田・諏訪神社

人がいます。どこか分かりますか?

波田の諏訪神社

地上に降り立つまで、気が抜けません、絶対に!

波田の諏訪神社2

波田の諏訪神社

クレーンでの吊り下げ作業

波田・諏訪神社4

波田・諏訪神社

大きな”うろ”
人がすっぽり入れます。

この後、この木は市場へと売られて行きました。

きたおか


緑化管理用薬剤研修

2017.09.15  08:09  やなりん造園部

固いタイトルですねー。

先日参加させて頂いた研修会は病害虫防除のための薬剤に関する研修会。
場所は長野市にある篠ノ井中央公園。
新しい公園なんですが、珍しいお花の花壇が素晴らしい公園でした。

花壇

花壇

さて、研修の中身はというと、 先ずは土づくりが元気な植物の元。
植物が元気だと虫も病気も寄ってこない。
最後の最後にク・ス・リ。 というスタンスに共感。
その上で、進化している農薬について学びました。
やむを得ず使用する農薬ですが、環境に優しい農薬の開発は確実に進んでいるようです。
薬の使用方法や時期を適切に使用すれば、最小の農薬で最大の効果を発揮する事を理解しました。
何事もそうですが、まずは状況観察が第一という身に染みるお話しでした。

さて研修後は本棚の本をさらっと読んで、

沁みた2冊

沁みた2冊

コサージュ作りを見学、

沁みたセレクト

沁みたセレクト

材料もカワイイ

材料もカワイイ

こちらの公園、コサージュ講習会、コケ玉教室、薬膳スープ講習会、花と緑の相談所など素敵なイベントが企画されています。
良ければぜひ遊びに行ってみてください。
花壇から本棚までかなりいけてますよ!

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%81%AE%E7%B7%91%E8%82%B2%E5%8D%94%E4%BC%9A&rlz=1C1AVNA_enJP589JP590&oq=%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%81%AE%E7%B7%91%E8%82%B2%E5%8D%94%E4%BC%9A&aqs=chrome..69i57j0l3.14073j0j8&sourceid=chrome&ie=UTF-8

お世話になりました、林業笠原造園の山本樹木医、誠にありがとうございました!

わかばやし

ぶらっチング花壇

ぶらっチング花壇

 


特殊伐採のお仕事

2017.09.14  10:50  特殊伐採事例

柳沢林業、特殊伐採班、略して特伐班、危険な法面の木や、道を塞いでしまう木・倒木、強風で倒れる危険が伴いそうな木、大きくなって一般の方々が対応しきれない木等の伐採を手掛けています。
いつも、危険と隣り合わせ、自然の偉大さと隣り合わせ、でも、やりがいを感じて研鑽している毎日です。

とあるお墓の斜面

只今、お墓の中の枯赤松の伐採中、
切った端からそのまま道のトラックの荷台におろしてます。なかなか楽しい♪

固定したロープ

木の上にいるとたまに寂しくなりますが、たくさんのロープを使って、それを操作する仲間がいることに感謝して自分が無事に地面に帰ってくることが出来ることを忘れずいたいと思ってるところです。

やのくちひさき