岡田の里山で遊ぼう会

2017.03.20  08:31  やなりん馬搬部, 信州・松本平の風景

お久しぶりの登場です。小山です。

今日は先々週に行われたイベントのご報告。

イベントの内容としましては、地域の方とピザ食べてヤマトと遊ぼうそしてついでに馬搬の練習もお披露目しようという、なんとものどかなイベントでありました。

いい出会いがたくさんあったイベント

いい出会いがたくさんあったイベント

 

支度中ブログ用

お馴染みヤマトさん

私が到着した頃には仕事道具も装備しおわり、すっかり準備万端でした、が、なんか眠そうなんですけど?!

聞けばちょうどご飯を完食したところらしく、暖かい陽気もあり、きげんよくおねむモードとの事。かわゆ…(о´∀`о)

 

さて始まりました馬搬練習お披露目会!

馬方犬飼も大分堂に入ってきました

馬方犬飼も大分堂に入ってきました

 

この日は『岡田の里山を耕そう会』メンバーの上條さんも自らトビを持って一緒に木をさばきます。

上條さんトビ

地域の方と一緒に山仕事ができるってすごいこと

そして今日は小山も馬方に挑戦です!

小山馬搬

道草はくわせんぞっ

なんとか引きおえました。感無量!!

薪今日引いた木はピザ窯用の薪になるのです。

『岡田の里山を耕そう会』のメンバーの方はきちんとチェーンソーのレクチャーを受け、自ら伐採し、ヤマトの住む牧場をこつこつと整備してくれました。

自分で伐った木を馬で運んで薪にしてピザを食べるなんて、そうそうできる遊びじゃありませんね♪

この日はプロの料理人さんがピザを焼いてくれたのですが、トマトとバジルのソースとチーズだけのシンプルなピザなのになんと美味しいこと!!!

ピザブログ用

なに?!何が違うの??!

材料も見せてもらいましたが、スーパーで売ってる普通のものしか使っていないっぽかったです。

プロの技おそるべし・・・・

 

 

今後は土壁を塗る予定

今後は土壁を塗る予定

この日食べたピザを焼いたピザ窯が雨ざらしにならないようにと岡田の有志の方たちで建てた小屋も、だんだんと立派なものになっていっています。

 

 

土壁土台②ブログ用

 

 

 

 

竹を割って組んだ土壁の土台。

皮むき

やるとちょっとクセになる丸太の皮むき

 

 

 

 

 

現在は調理小屋の製作にとりかかっています。

 

 

 

 

オオイヌノフグリ編集済み

草を食べるヤマトさん。もう春ですね。

あたたかくなり、これから更に盛り上がっていく山と馬プロジェクトをお楽しみに!

それではまた。

 

 

。。。と、終わると見せかけてここで発表があります。

なんとヤマトさん

実は昨日とうとう現場デビューを果たしました!!!

 わーーーーーーーーーーーε≡ ε≡(ノ≥ ∇ ≤)ノ★★☆★

 

華々しいヤマトの初陣レポートは近々アップ予定ですのでお楽しみに☆

 

それではごきげんよう。

 

小山


今日のヤマト

2017.03.17  09:01  やなりん馬搬部

ヤマトの様子2

 

 

 

 

 

 

 

ヤマトの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

お豆腐屋さんから分けて頂いた”おから”を食べる

優しい顔のヤマト

きたおか


風の剪定

2017.02.27  06:43  やなりん造園部

わかばやしです。 松本にも春が着々と近づいています。 事務所の庭ではフクジュソウとフキノトウが咲いています。 雪のシーズンがだんだん終わるので全開で喜ぶわけにはいきません、が。。。
さて、先日、庭師の方に事務所の庭を見ていただきました。
その方は、アートランドの赤尾さん。
知る人ぞ知る、大地の再生講座の重鎮スタッフなのです。
約半日をかけて、事務所の庭を見ていただき、樹種ごとに剪定のアドバイスをいただきました。

剪定講義中の赤尾さん

剪定講義中の赤尾さん

指導を受けたワタシ

指導を受けたワタシ

そして本日、満を持して庭の剪定に取り掛かりました。
取りあえずは、生命力の強い無難な木から恐る恐る。

やってみた感想は、風と光が木の中を通り抜け、爽やかで気持ちいい!
って感じです。
写真で感じが伝わるでしょうか?

ぼちぼち、作業を進める予定ですのでまた報告します。

わかばやし

剪定前

剪定前

剪定後

剪定後

剪定前

剪定前

剪定後

剪定後

剪定前

剪定前

剪定後

剪定後


放牧場

2017.02.24  01:43  馬搬部
草を食すやまと

草を食すやまと

 

 

 

 

 

 

モリモリ、むしゃむや、ブチブチ草を食いちぎるやまとワイルドです!

きたおか


エサ箱完成

2017.02.24  01:23  馬搬部

先日、廃棄処分にするパレットをもらって来ました。

パレットを利用して、ヤマトのエサ箱を作りました!

パレットのエサ箱

パレットのエサ箱

 

 

 

 

 

 

パレットのエサ箱

パレットのエサ箱

 

 

 

 

 

 

馬搬担当大工、犬飼のいい仕事でした!

わかばやし


柳沢林業&岡田里山馬搬部活動報告

2017.02.01  08:18  やなりん馬搬部

連日鼻毛も凍るような寒さ、と思ったら春の嵐。からの雨。
気候の変化めまぐるしい日々ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

風の子小山は現場に広報にと、元気に飛び回っております。
 

そして今日はやっと。
やっと!ご報告できるのです!!

柳沢林業&岡田里山馬搬部の活動を(*^▽^)/★*☆*°。°パチパチパチ

 
さて、題名に冠しました『柳沢林業&岡田里山馬搬部』ですが、これは私が勝手につけた名前でして。
実はこの馬搬を含めた里山全体のプロジェクトには『山と馬プロジェクト』というステキな名前がございまして、Facebookもございます。
 

『山と馬プロジェクト』フェイスブックページはこちらから⭐

 

昨年夏に我らがヤマト(搬馬)がやって来たことをFacebookにてお知らせして以来、馬搬部門の詳しい活動内容についてご報告が遅れておりました。

応援してくださっている方々には大変申し訳ありません。

これからは少しづつでも、ヤマトの今、馬搬部の活動をご報告して行けたらと思っております。
今後とも応援のほど、よろしくお願い致します。

 

さて、現在ヤマトは柳沢林業も本拠をかまえます松本市岡田の里山にて暮らしております。

image

ヤマトが来た当初は、餌の量一つとっても手探り状態。わからないことだらけでした。

会長含め、馬を飼っている方、飼っていた方、馬に関わる仕事をされている様々な方に話を聞き、そして今も助けていただきながら少しずつヤマトとの関係を築く毎日です。

image

馬方担当の犬飼

爪の手入れもなれてきた様子。(ヤマトクラスの大きさになると、爪の手入れは重いし危ないしで大変なのです!)

先日行われた馬搬の練習。

練習と言っても実際木を引いて出してきます。

まずは平らで広い場所から。

馬搬は馬方と馬だけではなく、2、3人のチームで行うと効率がよいことが、見ていてよくわかりました。

一回目より二回目、三回目と、どんどんメンバーのテンポが上がっていきます。

馬についての補助&指導をしてくださるのは岡田在住渡辺さん。

素人からは考えられないことですが、裸馬で障害も跳んじゃうそう!

image

ここで注目していただきたいのは↑と↓の写真の違いです。

上の写真、渡辺さんの乗るヤマトの耳はピンと立ち、後ろ(騎手の方)へ向いています。集中しているのです。

顔はキリッと前を向き、その足並みは軽快で力に溢れています。

image

比べてこちら小山の乗った時のヤマト。

はい。全然違いますね!

渡辺騎手操るヤマト号の足音が『カッカッカッ』だとすると
小山の乗るヤマトくんは『ポッテポッテポッテ』てかんじ。

だめじゃーん!

人によって馬はこんなに違ってくるんですね。

 
一方、トビを手に重い丸太のなりをなおす原社長。

セイ


現在は社長業が忙しくあまり現場に出ておりませんが、動き始めればやはりただのか弱い女子ではございません。

セイ セイ

動きがもう、完全に肉体労働者のソレです!

聞けば全盛期は握力40あったそうな。因みに現役現場女子の私でも最高が32ですから、原がいかにゴリラかということがわかりますねWW
 
 
 

image

馬搬は人間と馬の共同作業です。

当たり前なんですが、実際に目の前で見てみると、人と動物が一つの仕事をする様というのはこんなに感動するものなのかと。

何故でしょう?
考えてみましたが、よくわかりませんでした。

でもその何故だかわからない感動の理由を考える機会は、これからいくらでもあります。
 

だって岡田の里山には、これからいつだってヤマトがいるんですから。

image

バディの休息

 
これから何度だって、一緒に仕事ができるんですから!

 

image

またお会いしましょう

それでは次回の柳沢林業&岡田里山馬搬部の活動報告をお楽しみに⭐

しーゆーすーん!

 

小山


カラマツの家

2017.01.21  06:23  信州・松本平の風景

みなさん、木の家に住みたくないですか?

 
今日は先週見学させていただいた、建築中のとあるお家の話をさせていただきます。
 
この家ただのお家ではございません。
 
さてさてどんな家なのか、班長大瀧率いる山班のメンバーによるレポートにてお届けいたします。
 
それではどうぞ!

 
『カラマツの家』

 
本日は私たち柳沢林業もお世話になっている林友ハウス工業さんにお誘いいただき、現場の者3名で地元産カラマツを使った住宅の構造見学会へと出かけて来ました。
 
ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、林友ハウス工業さんも、今回見せていただく家の施主であられる1級建築士の宮坂さんも、私たちが関わっている“ソマミチ”というプロジェクトに参加されています。
 
この家に使われているカラマツ材の7割以上は、私たち柳沢林業林産班(通称山班)がすぐそばの山で伐り出してきたものを使って頂いているとの事。
 
そのご縁で今回お声をかけていただいた訳です。
さて、私たちの伐り出したカラマツはどのように使われているのでしょうか! ワクワク。。。

現場に到着

皆さんお気付きでしょうか、この家なんと!構造材にカラマツが使われているのです!

この新しさ、材木や建築関係の方ならおわかりいただけますでしょうか!!

まずは林友さん、宮坂さんに説明を受けます

林友さん、宮坂さんによると、

これまでカラマツは曲がる、ねじれる、ヤニが出るなどの理由で建築材として嫌がられていたけれど

・人工乾燥技術の向上により、ねじれが少なくなったり脱脂乾燥できるようになったりした。

・50年~60年生の太いカラマツが増えて、ねじれの大きな芯近くを外した“芯去り材”をとれるようになった。(しかも芯持ち材に比べておよそ1、5倍の強度らしい!!)

などの理由により、利用できる範囲が広がっている様子です。

ちなみにこの家は私たちの伐り出したカラマツ以外にも長野県東信地方の長和町のカラマツ、安曇野市産のアカマツも使われているそう。
せっかく昔の人が植えてくれた木だから、もっと流通経路を増やして、地元の山に活気が戻ればよいですね。



家の中を見学

宮坂さんと

あの雲の向こうには北アルプスが...晴れていれば2階から槍ヶ岳、常念岳がきれいに見えるらしい。

うらやましすぎる…

今回は棟上げの段階で中の構造材の様子を見せていただきましたが、カラマツ特有の赤みがとてもきれいに出ていました。完成しても一部は構造材が見える状態に残しておくとのこと。
 
県産材を使えば補助金も下りるらしいので皆様いかがでしょうか?

 
自分たちの伐った木が、実際に家に使われているところまで見ることはなかなかできないので、貴重な経験をさせていただきました。

林友さん、宮坂さん、本当にどうもありがとうございました。

次は完成後に見てみたいです!


また、よろしくお願いします!!

 
 
以上、山班による『カラマツの家構造見学会』のレポートをお届けしました。

「カラマツの構造材?ふーん……で、何がすごいの?」と思われる方もたくさんいらっしゃると思います。

確かに他にも構造材に使える木はありますし、最近の家で考えると、壁をはればほとんど見えなくなってしまう構造材にはあまりこだわりのない方もいらっしゃるでしょう。

でも木こり目線からしますと、伐った木がその後どんな使い方ができるかというのはとても重要な事なのです。

かつてカラマツは、加工が難しいとういう特徴から用途が限られていました。
更にそれさえも時代と共に需要が減っていきました。

需要がないということは伐ってもお金にならないということです。
お金にならないということは、人が山に入らないということです。

必要とされなければ、私たち木こりは木は伐れません。あたりまえですが。

私たちは生業として木を伐りますが、それだけならただの殺生ですね。
使ってもらえるか否かがどれだけ大事か、その為にどんな使い方ができるかがどれだけ重要か、折に触れ感じます。

 
さて、そんな訳でカラマツの材としてのセールスポイントです!
  

1・水に強い!

2・強度がある!

3・赤色が美しい!!

3について補足をいたしますと、カラマツ材はその他針葉樹とくらべて赤みがつよいです。

木目もなんというか主観的ですが、少しワイルドなイメージ。

カラマツは今回ご紹介の構造材の他に外壁やフローリングもあるのですが、以前築8年ほどの家に敷かれたカラマツフローリングを見たことがあります。

その色の美しいこと!!!

カラマツはヤニが多いからか、経年変化で艶のある飴色に変化して行きます。

そして飴色から濃茶へ。

その家を建てた工務店の方も、「こんな風にキレイに経年変化するフローリングは他にない」とおっしゃっていました。

 
新築もしくはリフォームをお考えの皆様。

『カラマツ材』
是非ご一考下さい!

 
 


チームしいたけ!解散!!

2017.01.18  05:52  最近の現場

本日無事しいたけ原木生産終了です。

あとはしいたけ農家さんの元へ届けるのみ!

image

無事終えられた事に感謝

駆け抜けるように時間が過ぎた現場でした。

きつくとも幸せな現場仕事。

誰かがすぐとなりにいるときも、一人で場を背負うときも。

 
小山


ウッドデッキをつくろう(上級者向け)

2017.01.09  08:25  最近の現場

image

やなりんでは新年の営業がはじまっています。

私は今は椎茸原木生産班。

このブログを読んでいる林業の現場作業員の皆さん。『番台』ってよく組まれます?

⬇こういうやつ

image

林業関係者でない方には、『傾斜に建つ家についてるウッドデッキに似たものです。』と言えば想像がつくでしょうか。

というかウッドデッキ(超自然派)そのものですよねコレ。
まぁ私は家にこんなのがほしいとはちょっとも思いませんけども!

でもでもこいつはなかなかに優れものでして。

⬇今回はこのように、全幹で出してきた材を入れ込んだ後、作業する台として利用します。

image

これがなかなか快適♪

もしこの超自然派ウッドデッキがなかった場合、雨や雪が降ろうもんならあしもとはぐちゃぐちゃ材はドロドロ泥のチョコバナナ。

しかも椎茸原木生産は、『きのこの菌は樹皮に着床する』というその特性故、手積みの行程を避けて通れないんです。(重機で摘まむと皮がむけるので使えない)
それをチョコバナナでやってみぃ!
もぉ皆玄関でパンツいっちょにならんと、ヨメに家入れてもらえんでェ!!

 
他にも番台にはメリットがたくさん。
トビで長材をまくるにもよし。
造材するに枕木をひく必要もなし。

また、プレイゾーンが広くなるのは当然としても、今回の様に人力の作業量と強度の値が大きい場合は、足元が安定している事は効率安全共に絶大な効果があると感じます。
 

写真でわかるとおり広さとしてはそこまで大きなものではないですが、傾斜地に造る為レベル出しにもそこそこ木を使っています。

これを造るのに伐採して造材して組むまで、二人で約1日。
どれぐらいの期間と量を出す現場なら、かけるに値する手間か。
皆さんならどうされるでしょうか?

やなりんにはですね、こういう急がば回れ的な事が好きなオジサンがいるんですわ。
単発の仕事も多いうちの会社。色んな現場でこちょこちょやってんです。その人。

短い林業人生ですが、職人の世界であるせいなのかこの業界、わりとストイックなスポーツマンタイプが多い気がします。

チームプレーのじゃないですよー。
バリバリの個人プレーな種目のやつ。

そんな中にあって、全体の段取りとか人員配置、更に作業環境まで気を配る(のが好き)っていうのは変わり者かも。

けれども人と物の流れをつくれる人が、結局は活かし産み出す事ができる人間という事なんだと私は思います。
いいわるいの話でなく。

なんてな。

image

ああ いい眺め

もういっちょ。

新年一発目の伐採。

image

孫生え。
一緒にちょん切らずに残せた。ほぼ無意識だったのだけど。
「よく上手に残せたね」と誉めてもらって「ああ そうか。そういえば残したいと思ったっけな」と。
「残せてよかったな」と。

おおきくなれよ。

 
 
小山


あらためまして新年のご挨拶

2017.01.06  08:35  その他

日頃からご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本年も美しい山づくりや木を活かす仕事を通して、地域のみなさまの豊かな暮らしに貢献してまいりたいと思います。

 
山の現場が多く、なかなかお会いできないメンバーもいるかと思いま
す。
街の高い木に登っていることもあります。

image

 
シャイな男たちばかりではありますが、なかなかに粒ぞろいです!
 

image

見かけたら是非声をかけてください。

 
今年も安全第一。
笑顔の社員が地域の幸せを作れるよう頑張ります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

image

 
 
代表取締役  原  薫