銀座NAGANO

2015.07.26  09:35  未分類

銀座NAGANOでのイベントがいよいよ明日に迫りました。
「信州の山から伝えたい カラマツとアカマツのコト」と題して、
見て・聞いて・触れるイベントが開催されます。
https://www.ginza-nagano.jp/event/3212.html

サーフボードを持ち皆で撮った記念写真は、山を満喫し、林業飯を食べた後のものでした。
http://yanagisawa-ringyo.jp/2015/01

今日の夕方、天気も良いので涼みがてらブラっと行ってみました。
IMG_1886
大体同じ場所で撮ってみました。
木々が緑になり、さわやかな風が吹いていました。

去年の間伐作業により今後立派なカラマツ林となることでしょう。

間伐後のカラマツはもちろん大事ですが、地面に目を向けてみると小さな命がありました。

種から芽生えたカラマツ

種から芽生えたカラマツ

今回の作業で開設した作業道にはカラマツの芽生えがたくさんありました。

その他にも、切り株からの芽生えは、

クリ。

クリの芽生え

クリの芽生え

ミズナラ。

ミズナラの芽生え

ミズナラの芽生え

アカシア。

アカシアの芽生え

アカシアの芽生え

ウリハダカエデ。

ウリハダカエデの芽生え

ウリハダカエデの芽生え

ほかにも、多種多様な芽生えが見られました。

間伐作業は、木を利用すること、山を守ること、と同時に
次世代の山を作るための一歩でもあることを再認識しました。

山のそら

山のそら


わかばやし


礼儀と作法

2015.07.17  09:12  未分類

ブログにお立ち寄りいただき、恐れ入ります。

本日、弊社で行われた安全会議とマナー講座についてご報告申し上げます。

会議場所 @アルプス公園

会議場所 @アルプス公園

本日は17日で「山ノ神の日」のためアルプス公園の森の入り口休憩所をお借りいたしまして、弊社の安全会議とマナー講座を執り行った次第です。
安全会議は高林の議事進行により、27年度の弊社目標である「労働災害の発生件数をゼロにする」ための取り組みや、取り決めなどを、取り計らいました。

マナー講座は中野の議事進行により行いました。

マナー講座

マナー講座

  マナーを学び、より良い人間関係を築くこと。
    安全作業を第一に山と人との関係をより良いものにすること。

ネムの花を横目に、充実した「山の神の日」を過ごす事が出来たと存じます。

満開のネムの花

満開のネムの花

マナー講座受講生  「わかばやし」


絵画展

2015.07.12  07:44  未分類

昨日、柳沢会長夫婦と若林ファミリーとで諏訪市にある原田泰治美術館へ出かけてきました。

目的は酒井慶二郎さんの展覧会です。
慶二郎さんは以前まき割りのブログで紹介しましたまき割りの強力な助っ人で、芸術家さんです。

率直な感想は、「すごくいい!!」です。

Keijiro Sakai

Keijiro Sakai

手漉きの和紙にアクリルの絵の具で描く植物の絵は力強く存在感があり、
絵画のどこを見ても隙のない集中力で描かれています。
構図や色使いが面白くて明るい気持ちになります。

表装も絵画にあわせてあつらえたものが絵画の持ち味を引き出しつつ全体をひとつの作品として表現していました。

一流の芸術に触れさせていただいた展覧会でした。

お時間のある方はぜひぜひお出かけください。

http://www.taizi-artmuseum.jp/
「原田泰治美術館」

景色や雰囲気も良い美術館ですし、美術館の中にあるカフェは諏訪湖が一望できて最高です。

わかばやし


スペシャルオーダー

2015.07.11  10:50  未分類

柳沢林業では割りまきの販売をしていますが、普段販売させて頂いている割りまきは、ナラ・クヌギを45cmに切ったもの約1立米(100束分)です。

今回注文いただいた割りまきは、アカシアの40cmのもの600kgという事で原木でアカシアを持っていたこともあり特別に対応させていただきました。

アカシア 40cm 600kg

アカシア 40cm 600kg


私もまきストーブユーザーとして検証をかねて色々なまきを燃やしますが、
アカシアは「火もち」はナラやクヌギには負けますが、火力が強いので最初ストーブの温度を上げるのに利用してストーブの温度が上がるとナラやクヌギに代えたりして使用すると具合が良いです。
縦方向の繊維は強いですが横方向の繊維のつながりが弱いので割るのには具合がよく、良く割れるので気持ちも良いです。

今年はアカシアの45cmの割りまきも作ってみました。
ナラやクヌギよりお安くしてありますので試してみたい方がいらっしゃいましたらご相談ください。

その昔、明治時代にアカシアは緑化樹として海外より持ち込まれました。
アカシアは通称で正しくはニセアカシア (Robinia pseudoacacia) 。
マメ科植物で裸地や痩せ地でもよく育ち緑になるので良い様に思われて
治山工事や治水工事で利用されました。
ヘリコプターで種をまいた事やアカシアの持つ生命力などが相まって、今では山、河川、宅地とどこでも生息しています。
そして、緑化樹として期待されて活躍したのはつかの間で、今では厄介な木として嫌われ者になってしまいました。

その厄介なこととは、切っても切っても生えてくる、成長が旺盛で在来の植物が成長できない、根が浅いため大木になると根こそぎ倒れてしまう、など問題は様々です。

これからの社会情勢ではもしかすると治山や治水よりも、遺伝子汚染や外来種によらない生物多様性や山のミネラルのほうが大事、というようなこともあるかもしれません。
いずれにせよ、人間の都合による不自然な行為は自然界のバランスに強力に働いてしまうと感じます。

しかし、アカシアにとって芽生えて生きることは自然なことで罪はありません。

私たちに恩恵も多々あります。
アカシアの蜂蜜は香りがよくおいしいですし、乾燥すると水に強く硬いことで材木としてもトラックの荷台や桶(おけ)、床板などにもりようされています。薪炭材としても昔から利用されてきました。

何が自然で、何が不自然なのかは正解のない問題かもしれませんが、いま山にある資源を有効利用することは環境負荷、地域経済、未来に向けて良い事であると私は考えます。

長くなりましたが、何が言いたいのか単刀直入に申しますと・・・、

「アカシアのまきいかがですか!?」

かもしれません・・・。

よろしくおねがいします!

伐採後3ヶ月でも!

伐採後3ヶ月でも!


わかばやし


新しい仲間

2015.07.05  08:30  信州・松本平の風景

柳沢林業に頼もしい2台が仲間入り!!

1台目は掃除の頼もしい味方、『ぶろわ』

『ぶろわ』

『ぶろわ』


緑のタンクキャップがおしゃれ。。。
ハスクバーナ 125B

ハスクバーナ 125B

もう1台の仲間は、樹上作業の頼りになるやつ、『かたて』

『かたて』

『かたて』


排気量23CC、細いソーチェーンで(4/1PM3)で切削スイスイ。
スチール 150TC

スチール 150TC

以上、新しい仲間の報告でした!

わかばやし


SUZUKI RL250

2015.06.28  09:06  社員SNAP&LIFESTYLE

今朝の松本は梅雨の晴れ間。 空気が澄んでさわやかな天気です。

今朝の空

今朝の空

深呼吸してリラックスし、心身を整えたら、 バイクの調子を整えます。

SUZUKI RL250

SUZUKI RL250

最近フロントのタイヤを交換しました。 そのとき一緒にキャブレターのフロートバルブ、バルブシート、メインジェット、スロージェット、など交換しエンジンのかかりや吹けは絶好調ですが、オーバーフロー気味です。 バイクからキャブを外してフロートアームの調整を行います。

ミクニのキャブ

ミクニのキャブ

ミクニさんはMADE IN JAPANで良い仕事!

フロートチャンバー

フロートチャンバー


調整したキャブを組み込んだら、キック一発始動で絶好調!

SUZUKI RL250

SUZUKI RL250

そのままご近所をバイクで散歩したら、アジサイ、ザクロ、ラベンダー、ヒメジョンと今時期の花が真っ盛りで美しいご近所なのでした。

わかばやし


薪割りの詳細

2015.06.21  11:01  その他

レディース アンド ジェントルマン!
ここに、薪割りの詳細を発表いたします!

来る日も、来る日も
割って、割って、割りまくってくれたのはこのお方、酒井慶二郎さん。

薪割り機で割る!

薪割り機で割る!

ある日はチェンソーで玉切り作業

玉切り中!

玉切り中!

配達やコンテナへの積み込みもこなしながら
割った重量、約30トン。
しかもこの方、絵描きさんでもあるのです。

ねぎ
どうです?
かぶ
すごく良くないですか?

もっと見たい方はこちら酒井慶二郎さんのホームページまで

http://sakaikeijiro.blog.fc2.com/

慶二郎さんの父上のフェイスブックはこちら

https://www.facebook.com/search/results.php?q=%E9%85%92%E4%BA%95+%E6%98%8E%E5%BD%A6&init=public

慶二郎さんは7月7日(火)から7月20日(月)まで原田泰治美術館で展覧会をされます。よければそちらのほうもチェックしてみてください。

http://www.taizi-artmuseum.jp/

というわけで今年の薪割りの主役の紹介でした。
薪割りだけでなく、積み込みや配達など社員のみなとともに働き、
交流がもてたことを感謝する今年の薪割りでした。

わかばやし


圧巻!馬搬に挑戦。

2015.06.15  03:44  その他

5月の晴れた土曜日、
田んぼに映る青い空、セミの声、蛙の声
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長閑な里山の風景に突如現れた馬・・・!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
漫画『北斗の拳』に出てくるラオウの愛馬を彷彿させる風格。
重いものを牽引するのが得意な馬、ばん馬です。

風景にとけこみ、なんだか懐かしく美しい存在感を放ちます・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小林畜産さんのご協力のもと、遂に『馬搬』が実現しました!

小林畜産 小林さん

小林畜産 小林さん

活躍してくれたのは小林畜産さん生まれの「ちびちゃん」と
(十分大きいですが、輓馬にしては小さいそう)

ちびちゃん

ちびちゃん

北海道のばんえい競馬で優勝したばかりの「やまとさん」
(ものすごい筋肉です)

やまとさん

やまとさん

※『馬搬』とは・・・
馬を使って山から木を運び出す技術のこと。
今の様に重機の無かった昔はにいたる所で見られたそうです。
しかし時代の流れの中でその技術が伝承されずに廃れていってしまい、
それに伴って馬が里山から消えていきました。
現在日本では、現役で仕事として馬搬をされている方は数名しかいません。
しかしヨーロッパ諸国では、環境に優しく、現場によっては手間やコスト面でも有利になることもある馬搬が積極的に取り入れられています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
皆が見守るなか・・・

ドーン!
次々と運ばれていく丸太たち。
2
松くい虫被害により枯れているとはいえ、
赤松の丸太が次々と運ばれて行く様は圧巻です。

ふふん♪

ふふん♪

余裕の表情

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
トビという道具を使い、丸太が転がるのを抑えるためについていく人間の方がてんやわんや

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
でも、みんないい顔です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
いつかは馬が仕事仲間に・・・?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

動物とともに働くということが、人だけでも、動物だけでもできないことを可能にしてくれる術なのだと感じた今回。
ますます馬搬の可能性に胸躍ります!

なかの


松の樹勢回復について

2015.06.08  11:43  やなりん造園部
対象の松

対象の松

先日、とあるところで樹木医を対象とした松の樹勢回復の研修が行われました。

樹木も人間と同様で、元気がなくなってくると病気にかかりやすくなる、またその病気が悪化、進行し易くなるという事があります。
今回対象になった松も樹勢が弱ったために葉ふるい病にかかっていました。

研修の内容は菌根菌資材を使用した松の樹勢回復処置でした。
菌根菌というのは、植物の細根につながり、共生する土壌微生物です。
植物に共生すると、土壌中に菌糸のネットワークを作り、水分や養分を
集めて植物の根に与えたりします。
そのために植物の養水分吸収性や耐乾燥性が高まり、植物の耐病性や生育を促進させるというものです。
その菌根菌を樹木と共生させる上で最適な資材である炭に植えつけたものが菌根菌資材です。
炭が植物によい理由としては、通気性と保水性の確保できそのことが根の発育に良いことや菌根形成の場となること、ミネラルの植物への供給があげられます。
316
上の写真の黒いものが炭に植えつけられた菌根菌資材です。
その他の土壌改良剤(赤玉、桐生砂、軽石、炭)などと組合わせて対象となる松の根に配置します。

菌根菌資材

菌根菌資材

323
適度な根を選び出し施工します。
松が弱っていることもあって健全な根や発根の期待できる根の本数はかなり少ないですが丁寧に掘り出し作業を遂行しました。

研修を終えての感想としては、松の木の根を観察し生育環境を整えてから松の生態に沿った樹勢回復の施工が素晴らしと思いました。
また、化学肥料などとは違い樹体を根本から健全にできることも良いと思います。そして樹体注入剤などとは違い樹体に傷をつけないことも大事なことだと思いました。

松本でもいよいよ松くい虫の被害が激甚化しそうな気配です。
菌根菌施業は山にある多数の松を救うことは難しいですが、お庭にある単木の松なら救うことができます。

大切な松のこと、思い出のある松のことなどぜひご相談ください。

わかばやし


山風舎の春祭りに参加しました

2015.05.01  02:15  やなりん木販部

池田町の山風舎さんで行われた春祭りに薪づくり講習会の講師として若林と藤田が参加しました。

講習会 始まりました

講習会 始まりました

簡単なテキストを見ながら、メンテナンス、目立て、薪割の2時間の講習会が始まります。

目立ての講習

目立ての講習

まずは目立てから
チェンソーの刃の構造を理解してから実技を披露。
それにしても藤田さん良い雰囲気です。

メンテナンス講習

メンテナンス講習

燃料フィルターから順に燃料の流れる順に点検清掃していきます。
皆さん趣味と実益を兼ねているので真剣そのものです。
IMG_1580IMG_1584
最後は薪割をして終了。
道具の使い方から構え方や振り上げ方、振り下ろす姿勢や力加減などを伝授しました。

皆さん熱心に聞いていただいたので私たちもやりがいがありました。
来場くださった方々ありがとうございました。

素敵なイベントを企画し運営してくださった山風舎のスタッフの方々にも感謝します。

ありがとうございました。

(わかばやし)