特伐のお仕事

2019.03.08  03:49  最近の現場, 特殊伐採事例

みなさま、こんにちは。

いつも、イベントごとのブログばかりで、やなりん仕事してますかと、
思われては何ですので、ここでひとつ、樹木班の仕事風景を、

これは、安曇野市穂高にあります、木が林立する別荘地、
別荘周りの木の伐採依頼。
そんなに人が目にする、お仕事ではありませんが、
作業は、いつも危険と隣り合わせ、
ちょっとした枝が、身体に掠るだけでも、怪我になり、
木そのものが、当たりますと、大怪我どころか、命すら、
だから、いつも緊張感をもって、地道に作業してます。

 

 

人、重機、建物、電線、道路、周りの状況に配慮しての作業

 

作業は、広いところばかりではございません。

 

伐った木も、利用できるものばかりでなく、枝葉などは、処理してくださる所へ、運んで行きます。

 

こうして人知れず、みんな毎日奮闘しております。

ありがとう、力持ちで心優しき林業男子、林業女子たち。

提供:かつの
編集:きたおか


特伐の仕事 お墓にて

2018.12.21  11:24  最近の現場, 特殊伐採事例

みなさまこんにちは

師走で世話しない、今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
現在のところ松本は、2、3回雪が舞った程度で、まとまった
雪は積もっておりません。

今日は、特殊伐採の紹介
近年、各地で松枯れが深刻な状況、お寺様より倒木の危険性のあるお墓の
松の木伐採依頼で、樹木チーム出動!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私には、作業の詳細は分かりませんが、クライミング、リギング技術を駆使しての作業。
伐った木が、お墓の中に落ちず、ロープを伝って安全な
所まで移動し着地します。

チームで力を合わせやっております。

以上、紹介でした。

 

きたおか


特伐班のお仕事

2018.07.05  03:40  最近の現場, 特殊伐採事例

本日は、特殊伐採の紹介

大きくなった庭の木の剪定と高さ、長さを伐るお仕事

リギングと言う作業技術のひとつで、伐った木をロープで吊って木を降ろす
スピードラインと言う技術のひと場面です。

先ずは、2人の精鋭が、一緒に木に登り、長さを切る際に邪魔になる枝を払います。
下でサポートする精鋭もいます。(写真撮ってます)

スピードライン5

スピードライン準備中

スピードライン4

2人で木登り

スピードライン

枝払い

スピードライン3

枝払い

スピードライン8

スピードライン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップで伐った木を、ロープに吊るしザイルを駆使し、ロープに伝え滑らせて降ろします。
安全を最優先に、迅速な作業で本日の任務無事完了!
ありがとうございました。

私、専門家でないので、うまく説明できませんが、ご了承くださいませ。

特伐のお仕事でした。

提供:いで たくま
編集:きたおか

 

 

 


特伐班のお仕事 木の上から

2018.06.07  03:08  最近の現場, 特殊伐採事例

本日は、木の上から 松の支障木伐採より

先ずは、3人とも木登り そして枝をはらい、頭を落として 市場へと搬入

特伐班 久希

奥にもう一人

精鋭 矢野口久希 今日のカメラマン

もう一人写っています、さてどこにいるでしょうか。

特伐班 久希3

同じ位の木の高さから

精鋭 井出拓真 枝打ちしています。
特伐班 久希2
精鋭 久恒公二 松の頭を伐りました。

写真提供:やのくち
編集:きたおか
 


現場の測量

2018.05.02  03:09  最近の現場, 未分類

本日は、森林調査のひとコマを
山の現場と始まりと終わりに必ずするお仕事の一つであります、測量を大まかに紹介いたします。

先ずは、調査事項としまして、作業の為の作業道の測量、
山の現場面積、距離、方位、傾斜度を計り、お仕事をした現場を水平距離に数値化、写真を撮ったりして、ビフォーアフターの申請書を作り、しかるべきところに申請を出す、お仕事があります。

プロット調査2

傾斜度を図っている様子

プロット調査3

距離を測っている様子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

距離を測っている所

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コンパスで測っている所

細かいことはまだ、よく分からない私ですが、お山のお仕事は、勝手に伐って勝手に終わるわけにはいかないと言う事を、知りました。

他にも、プロット調査というものがあります。

参考までに、プロット調査とは
• 森林内に一定の面積の調査地(プロット)を設定し、プ ロット内の要素(胸高直径、樹高など)を調べる • 調べた要素の傾向より、森林全体の傾向を推測する

• プロットの形:円形、方形等。理論上は円形が最も精度 を高めることができる

• プロットが大きさ:大きいほど精度は高くなる

• プロットの配置方法は、任意によるもの(標準地法)、 サンプリングによるもの(無作為抽出、系統抽出)があ る

きたおか


山班レポート

2018.01.30  04:02  最近の現場

初、山班の現場潜入

非常に危険を伴うため今まで写せなかった、我らが柳沢林業、山班の仕事現場の、ほんの一部をご紹介いたします。

木を山から伐り出し、重機を駆使し、チェーンソーでカット、トラックに積み込み材木市場へと参ります。

その1

その1

山班の仕事2

その2

山班の仕事3jpg

その3

山班の仕事4

その4

山班の仕事5

その5

山班の仕事7

その6

山班の仕事8

その7

伐った木をワイヤーに引っ掛けて一本づつ出してきます。

山班の仕事10

その8

山班の仕事13

その9

その10

その10

その11

その11

重機で木を持ち上げ、採寸してからチェーンソーでカット、トラックのある道まで運びます。

一言に、木を売りに行くと申しましても、大変な大きさ重さ、偉大な自然相手、いつも違う状態、1つ1つの動きが、大怪我、生命に関わります。

 

そんな中、100年前に出てきた木を伐らせていただき、100年後には見られない風景を思いつつ、豊かな里山が出来るのだと、少しロマンを感じる私がおりました。

山班の皆さま忙しい中、現場に入らせていただき、ありがとうございました。皆が、毎日無事に過ごせることをお祈りしてます。

生きて帰って来てね!

きたおか


アカマツ

2018.01.19  06:15  最近の現場

わかばやしです。
今日はアカマツの伐採現場に針葉樹家具研究会の方に来ていただきました。

お話し中

お話し中

来ていただいたのは、アカマツを見てもらい活用方法を相談したり、検討して頂くためでした。
山の中には珍しい場所もあり、根本直径20センチ未満でも130年生きた松の林などもありました。

アニーと生きアカマツ

アニーと生きアカマツ

細いものでヤニもあり普通では利用の難しいマツだそうですが、なんとか利用方法が無いものか相談させて頂きました。

細くても130年物

細くても130年物

 

見て頂いた結果、アカマツで家具を作ってみるかと仰っていただいたり、なにか企画を考えるよと仰っていただいたので今後の展開が楽しみです。

わかばやし


作業道づくり

2017.12.14  09:44  最近の現場
抜根中

抜根中

抜根おもて

抜根おもて

 

わかばやしです。

本日も松本の山にて作業道作り。
抜根中であります。
根っこがオモシロいのでご報告。

 

抜根うら

抜根うら

 

 

 

どうです?

力強くてカッコよくないですか?

裂けた伐根

裂けた伐根

作業道、完成

作業道、完成

 

 
マツの根の研究にはもってこいのフィールド、Feel Good!

内臓から人を見るようなこと。

根本以上の本物の根物。
生きている奇跡の形跡。

 

 

 

 

 

裂けた伐根が美しい。

 

 

 

 

 

そして、出来上がり。

 


みんな 木こりやろうぜ

2017.12.04  04:53  最近の現場, 社員SNAP&LIFESTYLE

こんにちわ。

 

今年も残すところ一月をきりました。 マジか。

 

歳を重ねるごとに時間の流れの速さが加速していくのってなんでなんですかね?

だれか教えてプリーズ。

 

そんな年末、林業は今まさに繁忙期真っ盛り。

 

赤松林編集済み

赤松林に西日差す

 

日々バタバタと過ぎていきますが、そんな忙しない日常でも一歩山に入れば、静かな空気が迎えてくれます。

 

そんな静寂の中、やかましいエンジン音をたてて木をぶっ倒し切り刻む、罪深い職業です。木こりというものは。

 

倒れていく木編集済み

沈んでいく陽と沈んでいく木

 

許されているのかいないのか。

 

カラマツ紅葉編集済み

カラマツは『落葉松』とも書く。 秋には山一面黄金色に光る。 そうして散って、春、カラマツの山は新緑に萌える。

 

どんな時でも山は変わらず美しいまま。

雨氷編集済み

朝日でシャンデリアみたいに輝く

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏の終わり、小川に倒れた倒木の片付け。 山沿いの小川は夏でも水が冷たくてヒェッとなる。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次の現場はどんなかな。

 

そのただなかに日々立てることがしあわせです。

 

なので私は声を大にして言いたい。

 

「みんな、木こりやろうぜ!」

 

追記:写真クリック推奨(大きくなるよ☆彡)

小山