かかり木研修

2021.01.22  01:03  最近の現場, 未分類, 研修

みなさまこんにちは

コロナ騒ぎはまだ落ち着きを見せませんが
いかがお過ごしでしょうか?

今日は少し専門的に(私は素人ですが)
去る昨年12月初頭
社内安全研修としまして
かかり木研修を行いましたその1場面より

かかり木とは
沢山の木がはえている場所で、木を切り倒す際、切り倒した
木が地面まで倒れず別の木に引っかかった状態の事を言います。

この状態を処理するのは非常に厄介で、普通の伐採作業よりも
注意深く作業しなければ重大事故になりかねないものなのです。

木1本とりましても、同じような状況同じような場所にはえている
ものはありましても、同じものは一つとしてありません。
(人間も同じです)

よって、かかり木になった状態も一つとして同じ状況は無いのです。

このかかり木を処理をするのは豊富な経験・知識・伐倒技術が必要
なのですがをそれを身に付けている熟練者にをもってしてでもとても
危険な作業のひとつとなっています。
(普段から危険な作業ですが・・・)

と、この日は現場での実地研修、講師の方をお招きしての研修とな
りました。

かかり木の状態

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして、社内の人間だけでなく社外の方からの指導を受けて
自分たちの命を守りながら仕事をする!
技術の向上、角度を変えての視点の見え方とらえ方が少しでも
上がったのではないかと思います。
(仕事してますから)

素人がたわごとを申しましたが
みんなが、林業関係者が危険な仕事で命を落とすことなく
元気に働いていけますように

きたおか


特殊伐採 inやなりん事務所

2020.11.09  12:43  お知らせ, 特殊伐採事例

みなさま、こんにちは~
標高2000m級の山々に雪がかぶりはじめました信州より

やなりん樹木班の活動内容のご紹介

やなりんでは、特殊な技術が必要とされる伐採を請け負っています。

たとえば、庭木や街路樹、公園・社寺仏閣の敷地内等、 周囲を傷付けたくない場面や、大径木、高木などの伐採や剪定などなど。

 

こうした特殊伐採のお仕事を、何度かブログでもご紹介していますが、先日も樹木班が出動しました!

 

出動先は、やなりんの敷地内です(笑)

 

やなりんの事務所入り口に生えるカエデの手入れです。

このカエデ、枝が伸びて道路にはみ出した上に、電線にも架かっていたので、樹木班のツネ・スナガワ+インターン生ナカウネ君に、作業してもらいました。

こうした特殊伐採のご依頼は、松本市内をはじめとする各所からいただいています。

 

特殊伐採の内容は様々です。

たとえば、せまいところで大きくなってしまった木を伐らずに生かしたい、

伐らなければならないけれど、思い出の樹だから材木として活かしたい、

台風などの自然災害で、倒れた木が道を塞いでしまったななど。

 

数年前になりますが、スキー場のリフトに倒れ掛かった木を泊りがけで請け負ったこともあったんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木の事でお困りの際は、お気軽にご相談くださいませ。

豊富な経験を持つ伐採の専門家である私たちが、確かな技術でお客さまのご要望にお応えします!

 

きたおか


特殊伐採のお仕事 9月初め

2020.09.11  03:25  最近の現場, 特殊伐採事例

みなさまこんにちは~
朝は、涼しくなってきたな~
夜は、窓を閉めて寝ようかな~
と思うくらい涼しくなりました
こちら松本、しかし日中はまだまだ暑いです

そんな中の樹木事業 特殊伐採のお仕事
とあるお宮さんの枯れた松の伐採依頼

これは、伐った木が
屋根やら他の木を傷つけないようにする
牽引伐採と言われる施工の仕方
写真では見えませんがワイヤーを張り
ウィンチと言われますワイヤーを巻く機械を備え付け
ロープで引っ張りながら作業を行います。

特伐シーンテイク1

テイク1

チェーンソーで木を”伐る”だけの作業時間としては
数分ですがそれまでにどのようにして
無事に木を伐り出し運んでいくかは
技術と経験、計算力想像力が試されます。

特伐シーンテイク2

際どい仕事を確実に行えるすごい人たち、ありがとう
この度のメンバー やのくち・ひさつね・こやま
いつもご安全に!

きたおか


現場 穂高川の状況

2020.07.08  09:15  最近の現場, 未分類

みなさま、無事にお過ごしでしょうか
大雨特別警報が出ました 長野県松本市安曇野市他
7月7日午後 穂高川の現場の状況より

降り続く雨により川がどんどん増水、人間退避もさることながら
重機たちの退避も必要になってきました。

 

ここは、他の業者さんと連携現場、数台の重機が
救助を待っております。

移動作業、、投光器まで出て遅くまでの作業
みなさまご苦労様でした。
無事に非難できたようですが、明日からも続く雨
土手も持ちこたえて無事に過ごせれば・・・。

写真:とう
編集:きたおか


現場視察 in 姥ケ懐(うばがふところ)

2020.06.22  11:54  最近の現場, 未分類

みなさまこんにちは~

晴れたり曇ったり雨が降ったり止んだり、暑かったり涼しかったり
お天気が急変する こちら松本

美ヶ原高原の麓にあります、山辺の姥ケ懐(やまべのうばがふところ)
どのようないわれで、この地名が付いたのか謎ですが
松枯れマツが林立する現場、急な斜面

ばっさり伐った後、1部植林することになっている現場
このごんごろんした赤松切り捨て後、鉄杭を打って流れ落ちないように、
大きな岩もごろごろしておりまして、その下は住宅もあり
ちょっといや、かなり危険な場所だと降り立ってみて分かる場所

現場では、細心の注意を払いながら作業をしておりますが、
何と申しましても相手は自然、人間の力がかなうわけもない中、
”前作業中に岩が動いたんだよね”
”山ごと流れたらどうしようもないね”
なんて話しながら、飄々と作業する現場人間達
山の神様、みんなが無事にお仕事できるよう
よろしくお願いしまっす。

きたおか


特殊伐採のお仕事 in 広沢寺

2020.06.01  04:08  最近の現場, 特殊伐採事例

松本市里山辺にある広沢寺
アカマツ枯損木の掛り木処理

根本から折れたアカマツ枯損木が、
別のアカマツ枯損木の二股にしっかり掛かってる、恐ろしいやつ。

どちらも枯れ具合は深刻で、とても普通に登れる状態ではないので、
周りの木に仕掛けをセットし、リギング作業にて処理。

はい、人がいます どこでしょうか?

樹木班リーダーの矢野口ぱいせんが樹上へ。
いつもお見事。
そのリーダーの右腕、久恒ぱいせんは、
今回作業中にこんなかっこいい写真を撮る余裕があったなんて。

お二人ともいつも恐れ入ります。

久さんどこにいるのですか? はい木の上です。 ロープで宙ぶらりん

 

 

宙ぶらりん

そんなわけでここのところの樹木班も、
順調に、安全第一で作業をしております。

これからもよろしくお願いします。

かわもと

 

つけたし

木の上の、久さんにインタビュー
どんな気持ちで、作業されていますか?

集中していて無心です、との事。
かっこいいね!

 

編集 インタビュアー:きたおか


特殊伐採の現場

2020.05.08  12:02  最近の現場, 特殊伐採事例

コロナの広がりが、少し小康状態になりつつあるのかと思われる今日
林業は外仕事、今現在のところ業務にすごい影響は出ていない
やなりん(ありがたやありがたや)
個人宅の木の伐採依頼を受けまして、樹木班出動。

何度目の投稿か分からなくなりましたが、
特殊伐採の現場より

家と建物の間での伐採作業、今回の伐倒隊長は、久恒(ひさつね)

伐採担当:久恒

こんなところによくクレーン車が入りましたねと思う川辺と家の隙間、約30メートルくらい伸びるクレーン車

クレーン作業

久恒が伐倒、クレーン車が持ち上げ伐倒木を降ろして、
下でまち受ける若林・川本・高力で
手際よく枝葉・材木となる木を仕分けしトラックへ積み込み

天候はしかり、交通事情や電線、お施主様の予定、近隣住民の方への配慮しつつ1日で無事作業終了
狭い所で木を伐るって技術がいることで、技術者の連携プレーが大切なのだと感じました。

 

 

やなりんには、そんな仕事を任せられる、頼もしい人たち揃っています
すごい!現場の皆様お疲れ様でした、いつも安全に元気で仕事できますように
と、見ているきたおかでした

みなさま、このようなお仕事も承っております、お問い合わせくださいませ

きたおか


カラ松 植栽

2020.04.16  12:08  最近の現場, 未分類

みなさま、こんにちは~

アルプス山脈の上の方では、今だ雪が降って積もったり
桜も咲いて、ようやく春と言える季節になりました松本

柳沢林業ではほとんどやったことはない、植栽
やなりん植栽経験者と助っ人興村さんを加えた植栽班で
広さ6ヘクタール(私、北岡には分からない広さ)
1万5千300本のカラ松の苗木を植えつけました。

 

右側 興村 左側 古幡

先日、受講しましたDOHO STYLEを踏まえて、様々なパターンで
苗木を植えてみました。

購入したそのままの苗木
手を加えづ購入したままの苗木

 

 

 

 

剪定し枝をまとめて植えた苗木

 

 

剪定し枝をまとめづ植えた苗木

 

 

 

 

枝を全部剪定した、つるっぱげの苗木

マルチをして植えた場所やそうでない場所、苗木の根を切りそろえて植えたりと、地道な作業に、腰をおって植栽班が植えてくれました。
この植えるという行為ではじまり、1本の木の居場所が決まっていく大切な役目、木の伐採から地面のこしらえ、山班・植栽班のみんなありがとうございます、ひとまずご苦労様でした。

この木たちが、50年後100年後どうなっているかわ分かりませんが、
自然の中で風雨にさらされ育ってゆくと思われる木たち
私たちが見れる数年間の成長が楽しみです。

きたおか


山林の現場・新重機 in 荒井

2020.03.17  10:46  最近の現場, 未分類

みなさまこんにちは

先日、只今山林事業部門が担当しております、
松本の東山方面へ視察に行ってまいりました。

事務所の人間は、現場の状況がなかなか分からず
やなりんメンバーがどんなところで
どんな動きをされているのかと、
新重機がどんなものかとを、見学してきました。

新重機、ケスラー大きな手の様な動きで、
鉄の爪を使って掴む、測って伐るを担っておりました。

オペレーター 砂川

新しいグラップル、主に掴む作業を担っており、
今日は、危険な方向に木が倒れないように、
立木を支え、支えている木を、チェーンソーで伐倒
するという作業を行っていました。

2人3脚で連携プレー オペレーター:野田 伐倒:古幡

なんにせよ、重機仕事も伐倒作業も、一つの判断ミスで大事故に。
予測される動きを的確に判断し、時に無線でコミュニケーションを取り
ながら力を合わせて作業を進めます。

日々、メンバー全員が無事に帰路につくことが大切です。
山の神様、よろしくお願いします。

きたおか


運材トラック

2019.12.19  12:01  最近の現場, 未分類

みなさまこんにちは~

現在12月中旬、松本市街に雪は舞い降りておりません、
比較的晴天率のよい松本ですが、
年内に雪を見ないのも何だか残念です。

そんなところで、
やなりん事業拡大で、材の運搬を休日返上で
行っております。
これは、業者さんのトラックなのですが、
タイヤが計22個、4m材が3列詰んで運べます。
運転手さんのドライビングテクニックに脱帽
道路に、雪がなくって良かった

これからも、やなりん一同、いい材をみなさまにお届けできるよう
精進して行きます。

写真:たかばやし
編集:きたおか