信州花フェスタ

2019.04.23  12:02  未分類, 社員SNAP&LIFESTYLE

みなさま、こんにちは

晴わたる、休日

信州花フェスタで、そら植物園の西畠清順さんが、手掛けますブース設営の
ボランティアに参加して、念願だった、ご本人と会え、2ショットをとる事が
できました。

 

まるで、兄弟の様です。どっちが清順さんでどちらが久ちゃんでしょう。

 

家族と参加して、子どもが、服を汚しながら楽しく、夢中で作業していて
いい1日になりました。
イベント中も、完成したものを、見に行きたいと思います。

やのくち ひさき

写真の正解、左が久ちゃんです。

きたおか

西畠清順さん
21歳より日本各地・世界各地を旅してさまざまな植物を収集し、依頼に応じてコンセプトに見合う植物を届けるプラントハンター、”そら植物園 代表”
信州のサボテン農家で育った、信州産サボテンのインスタレーションで信州花フェスタに参加。
(信州花フェスタ2019年4月25日 ~ 2019年6月16日開催)

 


「ヤマトの日」ご報告

2019.04.22  10:55  未分類

 

お待たせいたしました、ようやくのご報告です!

 

先日、4月13日に行われました「ヤマトの日」。

前回のブログでもお伝えしたとうり、当日は快晴に恵まれ、とてもたくさんの方にご来場いただきました!

 

 

ヤマト&こたろうのハッピーバースデイに集まってくれた、 たくさんの人たち。ヤマトにたどり着けません(゚д゚)!

 

 

 

たくさんの方がヤマトに乗ってくれました。

 

 

 

こたろうにもたくさんの人が会いに来てくれました。

 

 

今回は企画が盛り沢山!

ようせいの家を探して歩くスタンプラリーでは、ゴールすると、ヤマトのスタンプがもらえました。

 

子どもたちは牧場を走り回ってようせいの家を探します♪元気!

大人気だったワークショップ。

苔あそび。

 

リースづくり。

 

瓶も花材もよりどりみどり

 

 

竹細工ワークショップでは、弓矢が絶大な人気を誇りました。

弓矢が子供たちに大人気!

 

 

賑やかなメイン会場から奥へ進むと、
小さな谷に桑の木が並ぶ「木のぼり広場」があり、
そこでは穏やかな時間が流れます。

大人の子供心をくすぐる、秘密基地。

 

ようせいさんのお家で木登り。

 

 

つかれたらゲルでひと休み。

牧場にゲルはベストマッチ♪ 中は木のおもちゃで遊べるスペースに。

木で作られたおもちゃ。たくさん種類があるんですね。

 

 

 

火あそびコーナーでは、アウトドアではおなじみの木ロウソクに加え、
こんな↓カワイイ手作り道具も登場です!

アルミ缶バーナー。

 

固形燃料を入れて火をつければ、立派にお湯が沸きます。

 

ゼリーの箱詰めのように、カラフルで美しい。

 

 

ステージではコンサートが行われ、牧場内には音楽が絶えません★

青空コンサートでは、社長の原も、小日向神楽の横笛奏者として出演しました。

 

信州大学ケルト研究会『S‐Celts』

 

 

ケルトミュージックと里山の相性は最高です!
S‐Celtsの皆さんはステージ以外でも、会場内で演奏してくださり、イベントを盛り上げて下さいました。

イベント終了間際、ケルト音楽に乗って、うんぱっぱ。

 

イベント終了!

 

 

今回は「里山を遊びつくす」をコンセプトに様々な企画がモリモリでしたが、準備の段階でも、当日も、皆の力を合わせて走り抜けたイベントとなりました。

春の嵐のように、わちゃくちゃになりながらもわくわくするような時間。

終了後、スタッフの顔には疲労と笑顔が共に色濃くありましたとさ(笑)

 

それではまた次回の「ヤマトの日」をお楽しみに~☆

 

小山


カモシカさん一緒に遊ぼうよ

2019.04.12  11:16  未分類

みなさまこんにちは

春めいたと思いきや、雪が舞ったり、積もったりの松本
先日、松本市のとある現場で、カモシカと遭遇

一緒に遊ぼうと、ゆっくりと近寄って行きましたが、
去られてしましました(;_:)

カモシカさん情報:
カモシカさん、山岳地帯の岩場や急傾斜の斜面がある森林に生息し、大きさは大型の山羊くらいで、国の特別天然記念物に指定されています。体の色はかっ色で、雄雌ともに黒色の角があります。
県内全域の低山帯から亜高山帯に生息しています。

名称に同じ「シカ」がつく動物ですが、ニホンジカはシカ科であるのに対し、カモシカはヤギやヒツジと同じウシ科に属するそうです。
勉強になりましたね。

それでは、また、、ごきげんよう(^^)/

おおたき


樹齢200年のカラマツ!

2019.04.02  10:19  未分類

皆さん、見てくれ このカラマツ!
なんと樹齢200年!(推定)

松本市内のとある文化財保護のため
リギング作業により伐採されました。

根元から10m付近まで心材腐朽により空洞化しており
(空洞率80%)縦方向の亀裂もあり
危険な状態ではありました。

12~3m付近で年輪を数えると
180年前後、推定200年といえるでしょう。

江戸時代後期ですよ。

残念ながら状況的に材木として搬出が難しいため、
チェンソーで細かく柾採りしてます。

今まで200年もの間、どんな時代や風景を見てきたのでしょうね。

そして最後の瞬間に私たちを選んでくれて
ありがとうございました。

 

こうりき

 

 

 


4/13ヤマトの日

2019.03.26  02:01  お知らせ, 馬搬部

告知
4月13日、ヤマトのお誕生日会やります。
ヤマト  14歳 
コタロウ 5歳  (お誕生日近いので一緒にします。)
来れる方、集まってください(^^)/

その他、ご来場の皆さまにも、楽しんでいただけるような事を、
考えております、一緒に里山空間であそんでみましょう。

ヤマト牧場周辺も、どんどん整備しております、変化して行くヤマト牧場も、
ご覧いただければと存じます。

きたおか


ヤマトの仕事

2019.03.20  10:01  施工事例, 最近の現場, 馬搬部

ヤマト、トレーニングを兼ねて、ちょっと出動

ちょっとと申しましても、ヤマト君を馬運車に乗せたり、降ろしたりと。
人間が、車にひょいと乗って行けるわけにはございません。
数人かかりで、乗り降ろし、馬運車のドアだって結構、重いんです。

 

それでもって、ヤマトは、やはりこの重いものを引くのが得意
お仕事モードは、凛々しく見えます。

ヤマト、どんどん運んでじゃって!

今日は、比較的平坦な、現場からの作業でしたが、これからは、重機の入れないような所からも、
運べるように、研鑽して行きます。

頼むねヤマト!

きたおか


事務所駐車場外構工事

2019.01.21  03:23  その他

 

新年を迎え、なんだかんだと時が過ぎ、やなりんメンバーもだんだんと通常のリズムを取り戻しつつあります。

 

そんな中、先日事務所の駐車場の拡張整備が行われました。

以前にもご紹介しましたが、柳沢林業の事務所は大きな民家をお借りしております。

 

こちらには立派な土蔵が二つと、昔懐かしい風情のお庭がついておりまして、四季折々の眺めが楽しめる事務所であります。

 

今回大家さんの許可をいただき、こちらのお庭のスペースを少々広げさせていただきました。

ありがたい事に、様々なお客様が訪ねて来て下さる柳沢林業ですので、時には皆さんの車が停めきれないという事もありました。

けれどこれで駐車場のキャパが大幅に拡張です!

 

大は小をかねる!
民家の外構工事にコンマ2.5を投入。でかい(笑)

 

5台分くらいは増えたかな?

 

 

今年はますますにぎやかになりそうな予感がします。

さてさてどんな一年になりますやら。

 

小山

 

 

 


ヤマトの日秋祭りPart3

2018.11.30  12:20  その他, イベント

ヤマトの日秋祭りの内容紹介 遊んだ方々

 

 

 

 

 

 

手作り感満載の受付、トラック市

 

 

 

 

 

 

コーヒーですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

燃え盛るピザ窯、400度以上、ピザ作成中

 

 

 

 

 

 

参加者オンステージ

 

 

 

 

 

 

ロープあそび、火遊び、マシュマロ焼いてます。

 

 

 

 

 

 

苔ぼっくり、松ぼっくりに苔、植えています。

 

 

 

 

 

 

里山耕そう会のメンバースタッフで、終了写真。

開催に当たりまして、メンバースタッフ準備かたづけご苦労様でした。
ご来場の皆さまも、足をお運びありがとうございました。

笑顔あり、煙の涙あり、美味しいものあり
こんな感じで、里山の身近にあるもので、楽しいひと時を、
作れたことに感謝します。

次回開催のお楽しみを!

きたおか


ヤマト道端で

2018.11.23  11:35  お知らせ, 馬搬部, 馬搬部

今朝方、小雪が舞い降りたました、松本市岡田
こんな場面もございます。

11月24日ヤマトの日秋祭りお控えての、ヤマト馬耕トレーニング
の道すがら、お子様と行きあいました。

 

 

 

 

 

 

みなさま、ご存知でしょうか。
ヤマト=お馬さんは、道路交通法上なんと”軽車両”扱いなのです。
だから、公道を歩いていてもなんら問題はないのです。
ですが、お馬さんも生き物”うんち”などをしたり、草を食べたり、
標識が読めなかったりとするので、誰かが付いてないといけない
という問題がございます。

以下、参照文あり

馬は「軽車両」です、ほかの「軽車両」と同様に道路交通法を守る必要があります。標識の確認もしなければなりませんし、信号無視も禁止です。
また、同じ軽車両である自転車などと同様に、歩道と車道の区分がある場合には、車道を通行するのが原則です。
もちろん、飲酒して馬に乗る飲酒乗馬も禁止となるので、やめましょう。

道路標識などで最高速度が指定されている場合、標識に従いましょう。指定速度を超えた場合は道路交通法違反となるので、注意が必要です。馬が突然暴走したということは言い訳にはなりません。標識などによる速度制限がない場合は、軽車両については法定最高速度の指定がないため、どんなに早く走っても問題ありません。もっとも、無謀な走らせ方をすれば、安全運転義務(道路交通法70条)違反になる可能性はあります。

では、駐車禁止の場所に馬を止めた場合はどうなるのでしょうか。犬などであれば、駐車禁止の場所で待たせていたとしても、特に問題はありません。ということは、馬も大丈夫だと思いたいところですが…やはり「軽車両」であるからには「違法駐馬」となります。「違法駐馬」をした場合は、撤去されるおそれもあるでしょう。

なお、自転車の傘さし運転は各自治体の道路交通規則が禁止していますが、馬に対する禁止規定は見当たりません。ただし、傘をさしながら馬に乗る傘さし乗馬については、状況によっては安全運転義務(道路交通法70条)に違反する可能性があります。雨の日はレインコートを着用し、傘さし乗馬は控えましょう。

との事です。
参考になりましたね。
みなさまも道端で、ヤマトに遭遇できるかもしれませんよ

ではまた、ごきげんよう(^_^)/~

きたおか


お花屋さんに選ばれて

2018.11.16  02:50  未分類

みなさま、こんにちは

ちょっと見ていただきたい”もの”がございます。

松本市にありますフローリストhabaさまよりごご注文いただきました。
カラマツの輪切り、十数枚。

素敵な森の中から、伐り出しました、カラマツの輪切りが、
こんな素敵な姿になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま、ご覧になっていただけましたでしょうか、こんな風にやなりんの
商品が扱われるなんて、思ってもみませんでした。

素敵です、綺麗です、素晴らしいです。

とこんな一コマもあると、楽しい世界が広がりますように。
habaさま結婚式の皆さまのお幸せを、お祈りします。
ありがとうございました。

提供:かわもと
編集:きたおか