9月末 ヤマト帰ってきました

2022.10.05  11:55  未分類, 馬搬部

みなさまこんにちは

 

ヤマト 蓼科の牧場からヤマト牧場へ帰ってきました!

蓼科の牧場には、夏場避暑に色んな場所からお馬さんたちが
集まっていて涼しくなると自分の牧場へと順に帰っていきます。

たてしな牧場へお迎えに

人参持っている犬飼に他のお馬さんも寄って来る

 

馬は、基本群れの動物
ヤマト牧場で馬はヤマト1頭
蓼科の牧場から去る時
ヤマトないていたと(馬方 いぬかい談)

ごめんよヤマト

そういえば
ヤマト牧場でも人が集まっていると
何気に傍に寄って来る時があります。

みなさま
何かの機会ありましたら
ヤマトに会いに来てください

 

きたおか


風の草刈りinやなりん事務所庭

2022.10.03  11:42  やなりん造園部, 未分類

みなさまこんにちは~

秋風吹くけど、日中は暑い変な気候
標高の高い所は、紅葉が色づき始めた今日この頃

前回、大地の再生の映画”杜人もりびと”をご紹介させていただきました。

その関係で、大地の再生_風の草刈り・風の剪定をやなりん事務所の庭で実施

数年間荒れていたお庭があらすっきり
技術的に細かい説明は私にはできませんが
風の通り道を見据えて草刈りを刈り
枝葉の剪定を行うと植物も大地も
呼吸ができて生き生きとしてくる
と言う事。

施業前と施業後
2階のベランダから撮りました写真
ご覧くださいませ!

風の草刈り 施業前及び施業中

風の草刈り後

密になっていたお庭の植物、風の通り道が出来て光がさして
いい気持ちです~

ヤマト牧場周辺も少しずつ施業しておりますので
変化を見守りたいと思っております。

 

 

きたおか


おかだ夏まつり地域振興券の利用

2022.08.04  11:20  お知らせ, 未分類

松本市岡田地区在住の方々へ

おかだ夏まつり地域振興券
株式会社 柳沢林業でご利用いただけます
どうぞよろしくお願いいたします。

ご利用にあたりご不明なことは直接お問合せ下さいませ 
株式会社柳沢林業 事務所電話番号:0263-87-5361


「ネイチャリングフェスタ2022」終了しました!

2022.07.25  05:01  イベント, 未分類

出張ソマイチとして参加した「ネイチャリングフェスタ2022」が無事終了しました!

今回は「木こりのお仕事」をテーマに伐倒体験やプロの木こりのお仕事風景を見てもらい、たくさんのお子さん、そしてそのご家族の方にも楽しんでいただけたのではないかと思います(*´˘`*)
当日は雨が心配ではありましたが、天気も良くなり、むしろ暑い中ご来場いただきまして誠にありがとうございました!
次回は、10月頃に「ソマイチ。2022.秋」を予定しております。
次回も多くの方に楽しんでいただけるよう企画してまいりますので、ぜひ遊びに来てください( •ᴗ• )!


カブト虫見ましたよ

2022.07.21  12:02  未分類

みなさまこんにちは~

梅雨が短く
雨が少ないかと思いきや
この数日間雨なのか晴れなのか変な天候

とにもかくにも、夏が来た!と言う感じ
木々や作物、植物は生命力をグングン伸ばしております
こちら松本

先日、お昼前ヤマト牧場の近くのクヌギの木に
カブトムシを発見!
幼き頃よく見かけていたのに
久しぶりに見たカブトムシ
そういえば、カタツムリもアジサイの葉っぱの裏によくいたなっと
この前、道端を這っているのも見ましたよ。

みなさまは、どんな環境ですごしていらっしゃるかな~

注意1 カブトムシの近くには大抵蜂がいます
何故なら、カブトムシも蜂も同じ木の樹液を食している事が
多いからです。
カブトムシがいたら、蜂も近くにいると思っていても
過言ではありません。

珍しさのあまり、カブトムシやクワガタに
むやみに手を出さないように
周りの状況を確認しつつ近づきましょう。

この日も、近くに蜂いました
勉強になりましたね!

では、またの出会いを~

きたおか


ヤマトのお尻は美しい

2022.06.16  12:00  やなりん馬搬部, 未分類

みなさまこんにちは~

梅雨明けきらぬこちら松本~
今日はちょうどいい感じ
昨日は寒かった
涼しいとか爽やかな感じと言うよりも
はっきり言って寒かったです

農作物達大丈夫かな~

とこんな時節のちょっと前
ヤマト牧場の一角で
ヤマト、馬搬で木を出しました。

 

馬方:いぬかい撮影のヤマトの後ろ姿

 

馬方:いぬかい撮影 お散歩ヤマトの後ろ姿

ヤマトお尻は美しい
ヤマトは尻尾もお尻の穴も汚さずに
すごくきれいにうんちをします
いつも、見事だと感心します。

前にもお話ししましたが
馬は、車で申しますと軽車両扱いで
道路交通法を守れば
通学だって・通勤だって可能なのです!

でも、道々に落としたうんちを
処理できればのお話であって
現実は難しいのです
残念

余談
ヤマトが道路を歩くときは
うんちを拾って行く係のモノが必要です
そして、そのうんちは堆肥置き場に置いて
空気と混ぜて攪拌
時に土に返します畑にすき込みます。

 

 

きたおか


やなりん ドローン飛ばせます

2022.05.27  11:57  その他, 未分類

みなさまこんにちは~

お久しぶりです
新緑から深緑になりつつあります山の木の葉たち
いつもながらその生命力には脱帽いたします

すがすがしい空気が山から里へ
さわやか信州ありがとう

そんなところで、関係ないのですが
やなりんのスズキヨシヒロはドローンを飛ばします。
免許所有と講習を受けており、時に、会社所有のドローンを
飛ばし、現場の写真を空から撮ります。

この日は、ヤマト牧場付近の地図を作る為にドローンを飛ばしました。

どんなもんだい(*^^)v
私が飛ばせるわけでは無いんですけどね

 

きたおか


松本市保存樹の存在

2022.03.31  12:35  未分類

みなさまこんにちはっ

昨日は小春日和かと思いきや、今日は強風警報並みの風が吹き
日によって天気が一変する松本
春風が吹くと、花粉も飛びまくり
花粉症の方々はつらい思いをされる時期となりました。

 

私、きたおかが最近知った事の中に松本市の保存樹の存在があります。
先月、樹木班の仕事現場視察に出かけた際
依頼主が保存樹持ち主でそれはそれは立派な
木が家の敷地にあったのです。

前から大きな樹木がよくある街だなと思っておりましたが
それには、松本市に緑を守る条例と言うものがある事が判明
納得した次第です。

 

〈松本市緑を守る条例〉

第一条1部抜粋:樹木を保護するとともに緑化を推進し、緑と水の豊かな健康で明るい街づくりを図ることを目的とする
第九條1部抜粋:保存樹木等の所有者(以下「所有者」という。)は、樹木等の枯死又は損傷を防止し、その保存に努めなければならない。

等々第1条から第15条まであります。

 

カメラにおさまりきらない~

保存樹所有の依頼者様が、保存樹は自分が登録するのではなく市からお達しがある事
依頼者様の敷地には保存樹級の木が10本以上もあり

先人が植えて育ててきたこと
倒れそうになってやむなく伐らなければならなかった木の事
等歴史の1部を話してくださいました。

その歴史のすごさに圧倒されました

あ~すごかった。

 

きたおか


ヤマトの様子 

2022.03.25  10:55  未分類, 馬搬部

みなさま、こんにちは~

 

もう春だと思いきや
重たい雪が、降り積もりましたこちら松本

春の雪は、水分を多く含んでいて重たいのですが
直ぐに解けます、もう解けました。

 

ヤマト、牧場での様子
2022年3月上旬、春のひだまりで、あまりはえていない草を寝ているような表情で
食べている。

ヤマト、虫が沢山よって来る夏の暑い時よりも
冬の方が落ち着いて過ごしていますが
冬は、青い草はほとんど生えないないので
生草に飢えています。

かといって、ニンジンやいただいたリンゴを与えすぎるとメタボになりやすく
草しか与えないようにしています。

また、ばんえい競馬の出身ヤマト、冬場は、イネ科の植物の干し草で対応しているのですが
ちょっといい草しか食べない傾向にあります。
安物だと怒りますしあまり食べません。
(困ったもんだ)

2021年8月夏
蓼科の牧場で、避暑中のヤマト
いつもはヤマト牧場で一人ぽっちなのですが
ここは色んな所から避暑に集まった馬さんたちが大勢います。

お馬さんについて
馬は基本、群れの動物なので大勢いる方が安心するようです。

ヤマトもひちりぼっちではさみしいからか
人が寄っているといるとなんとなしに近くに
来きて草を食しています。

きたおか


材、西に向けて出発しました

2022.02.24  02:17  その他, 未分類

こんにちは!

寒くて凍みていますが
山の木の枝に、新芽が見え出しはじめました
こちら松本

寒風吹きすさぶ中も、極寒の夜も
確実に成長している木々
自然ってすごいなぁと感じます

去る、1月末なのですが
やなりんの精鋭たちが伐り出した材が
西へ向けて旅立ちました。

すべてではありませんがこの材
大阪のだんじり祭りの櫓の修復用
に使用されるとの事
(わぁ~)

山で伐り出している木こりは
材が最終どんな形で使われているのか
どんな使い道があるのか
誰に必要とされているのか
案外知らないもので
最終の形がイメージできると
仕事にもやりがいが出ると言うものです。

逆に、エンドユーザー様も木がどんなところに
育って年を重ねて自分の手に来たのかが分かると
楽しいのではないかと思います。

やなりんは、そんな里と山のつなぎ役も担えたらと
日々精進しています。

 

きたおか