岡田神社にて

2019.07.17  12:08  その他, 未分類, 馬搬部

みなさま、こんにちは

雨が降りそうな、空模様の松本
やなりん事務所、岡田地区の産土神社、岡田神社へヤマト出動、
偶然、岡田神社へお散歩に来ておりました岡田保育園の園児たちと遭遇

待機中のヤマト

ヤマトの大きさにびっくりしつつ、興味があるけど、近づけない園児たち
(大人でも、びっくりするくらい大きいヤマト、性格は、非常に穏やかです。)

そして、馬方犬飼と、高力、だんらんのひと時

みなさまも、突然にヤマトと遭遇する日があるかもしれません、
その時は、よろしくお願いします。

きたおか


小谷へシナノキの樹皮を取りに

2019.07.15  01:20  未分類

みなさま、こんにちは

すっきりとした晴れ間が見えない、今日この頃そんな中の晴れ間、
長野と新潟の県境にあります小谷(おたり)へ。

安曇野にあります呉服屋さんからの依頼で、シナノキの樹皮を採取するべく、
4人の精鋭(代表の原、事務方の勝野、林業女子川本、ニューフェイス堀内)が、
行って参りました。

と、こんな感じで、樹皮を採取。
今回、呉服屋さんが、しな布で帯を作っていた文化を
再現しようと樹皮採取となりました。
最終”しな布”になるわけですが、
その工程と仕上がりが、とても気になります。

しな布
日本各地では、縄文から弥生時代から山野に自生する科(しな)、楮(こうぞ)、葛(くず)などの草木から取り出した繊維で糸を作り、その糸を織り上げ、衣装や装飾品として利用されていた、との事。
シナノキ科シナノキ属である「シナノキ」、「オオバボダイジュ」または「ノジリボダイジュ」は、縄文時代より、日本海側や東北地方の山野に多く自生している植物で、
山間部に生育する「シナノキ」の樹皮から、靱皮(じんぴ)を剥ぎ取り、その繊維を糸(しな糸)に加工し、布状に織り上げたものが「しな布」になる、との事です。
 

写真:かつの
編集:きたおか


アイガモさん

2019.06.24  02:26  未分類, 農業部

皆さま、こんにちは、
梅雨模様が、見え隠れする松本

今年も、アイガモさん達がやって参りました。
5月末に来まして、早ひと月近く
日に日に大きくなっております。

昨年、初めてアイガモ農法にチャレンジしたわけですが、
実に、様々なことがございました。

アイガモを外敵から、守るため、ネットを張ったり(キツネやハクビシン)、
防鳥糸を張り巡らしたり(トンビ、カラスやノリス)しました。
そんな中、ネットの隙間から、脱走する(出てしまう)アイガモ。

ご近所さんからの、通報により幾度となく、出動。
そんなこともありながら、無事に収穫を迎えたこの年。

今年も、試行錯誤しながら、アイガモ達を迎え、チャレンジしていく次第でございます。

 

お天道様、アイガモ達、近隣住民の皆さま、ご協力の程よろしくお願いいたします。
今年も、美味しいお米が実りますように(*^_^*)

きたおか


最近のお仕事(ソマミチ企画チェーンソーワークショップ)

2019.06.18  01:23  イベント, 未分類

わかばやしです。

最近お仕事をご報告。

まずは、チェンソー講習会
林業歴16年、樹木医歴4年
講師として担当させていただきました。

老若男女計11名+ソマミチスタッフ
全く初めての方から、経験ありますがメンテナンス出来ない
と言われます、初心者の方向けの講習会とさせて頂きました。

道具、刃物は、手入れしてこそ本領発揮するもの、
目立てと言います、チェーンソーの刃の研ぎ方に時間を割いてご説明。
(慣れなのですが、結構な熟練作業を要します。)

そして、、いよいよチェーンソー始動、安全なエンジンのかけ方、持ち方、止め方と基本動作の確認。

お1人づつ、松の丸太を、伐ってみてもらいました。
この場所では、男性の方は、力が入り過ぎてしまいがちで、女性の方が、力みなくカットされました。
でも、チェーンソー自体も結構な重量がございますので、持久的に力は要りますね。

とそんなこんなで、安全指導の下、個々に丸太の椅子を作成、
参加者の皆さまの作品が個性的でカッコ良くて感動しました☆

 
皆さま、怪我無く、事故無く、喜んで帰路に着かれました。
めでたしめでたし。

また、この様な企画を、考えております、その際は、奮ってご参加くださいませ。

 

担当:わかばやし
編集:きたおか


田植えしました

2019.06.10  03:20  未分類, 農業部

みなさま、こんにちは

信州も、梅雨入り、小雨まじりの夕方
今年の、やなりん農業部門始動。
昨年と同じ田んぼで、アイガモ農法での、米作りスタート。

田植え機で植えた後に、出来た隙間や田植え機で、
植えきれなかった所を、やなりん精鋭部隊で、手植えしてます。

並んで、スタート

泥田の中、ひょいひょい慣れた足どりの者、かたや、足が抜けず苦戦している者と様々

 

苗なくなりました~
俺に任せろ、畦からパ―――ス(届いたのかなっと)

とそんなこんなでも、田植え無事に終了

アイガモさんもやって来てのお米作り
今年も、美味しいお米が出来ますように。

 

写真:かつの
編集:きたおか


メンタルヘルス、ボディケア

2019.05.24  04:25  未分類, 研修, 社内行事

みなさま、こんにちは

やなりんメンバー今日も、元気に働いております。
でも、ずっと”ファイト~一発”と言う訳には行きません。

どんな方も、身体が資本、自身が資本
自分に対して、自覚がある人やら、無い人やら、
そんなこんなで、山の神の日として、メンバー全員
メンタルヘルスケア、整体講座を受けた次第でございます。

先生に体のゆがみを指摘され、その通り!

 

先生による施術、お1人様5分程度、全員施術して頂きました。
先生、大人数ありがとうございました。

 

そして、自分たちで出来る、ボディーケアの指南、ペアになって行いました。

いつも、緊張しがちなこのご時世、ほんの少し身体も心もほぐしていただいて、
自分を見直すきっかけとなりました。

みんな、これからもよろしく、
”元気はつらつオロナミンC”で参りましょう!

みなさま、やなりんメンバーちゃんと、山仕事里仕事で、働いてますからね
あしからず。

きたおか


信州花フェスタ

2019.04.23  12:02  未分類, 社員SNAP&LIFESTYLE

みなさま、こんにちは

晴わたる、休日

信州花フェスタで、そら植物園の西畠清順さんが、手掛けますブース設営の
ボランティアに参加して、念願だった、ご本人と会え、2ショットをとる事が
できました。

 

まるで、兄弟の様です。どっちが清順さんでどちらが久ちゃんでしょう。

 

家族と参加して、子どもが、服を汚しながら楽しく、夢中で作業していて
いい1日になりました。
イベント中も、完成したものを、見に行きたいと思います。

やのくち ひさき

写真の正解、左が久ちゃんです。

きたおか

西畠清順さん
21歳より日本各地・世界各地を旅してさまざまな植物を収集し、依頼に応じてコンセプトに見合う植物を届けるプラントハンター、”そら植物園 代表”
信州のサボテン農家で育った、信州産サボテンのインスタレーションで信州花フェスタに参加。
(信州花フェスタ2019年4月25日 ~ 2019年6月16日開催)

 


「ヤマトの日」ご報告

2019.04.22  10:55  未分類

 

お待たせいたしました、ようやくのご報告です!

 

先日、4月13日に行われました「ヤマトの日」。

前回のブログでもお伝えしたとうり、当日は快晴に恵まれ、とてもたくさんの方にご来場いただきました!

 

 

ヤマト&こたろうのハッピーバースデイに集まってくれた、 たくさんの人たち。ヤマトにたどり着けません(゚д゚)!

 

 

 

たくさんの方がヤマトに乗ってくれました。

 

 

 

こたろうにもたくさんの人が会いに来てくれました。

 

 

今回は企画が盛り沢山!

ようせいの家を探して歩くスタンプラリーでは、ゴールすると、ヤマトのスタンプがもらえました。

 

子どもたちは牧場を走り回ってようせいの家を探します♪元気!

大人気だったワークショップ。

苔あそび。

 

リースづくり。

 

瓶も花材もよりどりみどり

 

 

竹細工ワークショップでは、弓矢が絶大な人気を誇りました。

弓矢が子供たちに大人気!

 

 

賑やかなメイン会場から奥へ進むと、
小さな谷に桑の木が並ぶ「木のぼり広場」があり、
そこでは穏やかな時間が流れます。

大人の子供心をくすぐる、秘密基地。

 

ようせいさんのお家で木登り。

 

 

つかれたらゲルでひと休み。

牧場にゲルはベストマッチ♪ 中は木のおもちゃで遊べるスペースに。

木で作られたおもちゃ。たくさん種類があるんですね。

 

 

 

火あそびコーナーでは、アウトドアではおなじみの木ロウソクに加え、
こんな↓カワイイ手作り道具も登場です!

アルミ缶バーナー。

 

固形燃料を入れて火をつければ、立派にお湯が沸きます。

 

ゼリーの箱詰めのように、カラフルで美しい。

 

 

ステージではコンサートが行われ、牧場内には音楽が絶えません★

青空コンサートでは、社長の原も、小日向神楽の横笛奏者として出演しました。

 

信州大学ケルト研究会『S‐Celts』

 

 

ケルトミュージックと里山の相性は最高です!
S‐Celtsの皆さんはステージ以外でも、会場内で演奏してくださり、イベントを盛り上げて下さいました。

イベント終了間際、ケルト音楽に乗って、うんぱっぱ。

 

イベント終了!

 

 

今回は「里山を遊びつくす」をコンセプトに様々な企画がモリモリでしたが、準備の段階でも、当日も、皆の力を合わせて走り抜けたイベントとなりました。

春の嵐のように、わちゃくちゃになりながらもわくわくするような時間。

終了後、スタッフの顔には疲労と笑顔が共に色濃くありましたとさ(笑)

 

それではまた次回の「ヤマトの日」をお楽しみに~☆

 

小山


カモシカさん一緒に遊ぼうよ

2019.04.12  11:16  未分類

みなさまこんにちは

春めいたと思いきや、雪が舞ったり、積もったりの松本
先日、松本市のとある現場で、カモシカと遭遇

一緒に遊ぼうと、ゆっくりと近寄って行きましたが、
去られてしましました(;_:)

カモシカさん情報:
カモシカさん、山岳地帯の岩場や急傾斜の斜面がある森林に生息し、大きさは大型の山羊くらいで、国の特別天然記念物に指定されています。体の色はかっ色で、雄雌ともに黒色の角があります。
県内全域の低山帯から亜高山帯に生息しています。

名称に同じ「シカ」がつく動物ですが、ニホンジカはシカ科であるのに対し、カモシカはヤギやヒツジと同じウシ科に属するそうです。
勉強になりましたね。

それでは、また、、ごきげんよう(^^)/

おおたき