ジビエソーセージワークショップ

2019.09.09  10:48  イベント, 未分類

みなさまこんにちは
ソマミチ企画の報告

今日の松本は、夏に逆戻りしたような暑さです。
去る、9/5(木)塩尻市総合文化センターにて、伊那市”ざんざ亭”長谷部晃さん
指導の下、鹿ジビエソーセージのワークショップが開催されました。

時は平日のお昼からでしたが、お客様はお店をされている方、猟師さんと
玄人っぽいが多いように見受けられました。

ソーセージ作り器材

材料
腸詰め用の皮:羊
お肉:鹿肉 フードプロセッサーにかけられたもの
調味料:岩塩のみ

詰める作業

スモークされた後

ゆでられた後

ほとんど、長谷部さんが仕込んでくださいましたが、
腸詰めの工程は皮が破れやすく、繊細な作業が求められました。
後、スモークしてゆでた事で、驚くほど臭みがなく、
触感は少しパサついた感じでしたが、美味しく頂きました。

長谷部さんがおしゃられていた、「本当は、あまり教えたくはない」との言葉の裏には、
限られた時間の中で、中途半端な”モノ”にしたくはない、との思いがあるのでは
無いかと感じられた、ワークショップでした。

SOMAMITI、これからも、「杣の道から、始める暮らし」を発信して行きます。

 

提供:かつの
編集:きたおか


きのこ:ハナビラタケ

2019.08.28  10:51  未分類, 社員SNAP&LIFESTYLE

みなさまこんにちは

お盆が過ぎ、暑さが落ち着いてきました、今日この頃
いかがお過ごしでしょうか?

里の稲穂が頭を垂れ始め、ほんの少し秋の気配を感じます。
そしてそして、山の恵みもどんどん出て来そうです。
そして、見つけました!
現場調査中に見つけました!”ハナビラタケ”
両掌に乗らないくらいの大きさです、食せます。
半分ほどいただきました。

参照:
ハナビラタケ科ハナビラタケ属に属し、1科1属のきのこです。淡黄色~白色で、珊瑚状の形をしています。夏から秋にかけてモミやマツの針葉樹の枯れた樹木の根元に発生します。自然界での発生量は比較的少なく「幻のキノコ」と呼ばれています。
肉は薄く、鮮時には弾力のある肉質であるが、乾くと硬い角質となり、傷つけても変色せず、味もにおいも温和で特徴的なものはない、そうです。

みなさま、山にはこれからも、どんどんと”きのこ”がでてきますが、
むやみに採取せず、山の恵みに感謝して絶対の安全確かめてから、
食してくださいませ~。

では、ごきげんよう

提供:よしひろ
編集:きたおか

 


お盆休みのお知らせ

2019.08.10  02:54  未分類

みなさま、こんにちは

本日、第7期やなりん、業績発表および第8期の目標発表会がございまして、
お盆休みとさせていただきます。

柳沢林業 お盆休み 8月11日(日)~15日(木)となっております。
16日(金)より通常営業とさせていただきます。
17日、18日とお休みとなりますが、
8月19日(月)より、心機一転でお仕事に励んで参ります。

みなさま、今後とも、よろしくお願いいたします。

失礼致します。

きたおか


次世代森林産業展2019

2019.08.08  12:02  未分類, 研修

みなさま、こんにちは

猛暑日が、続いております、今日この頃
先週、長野県長野市 ビッグハット/若里文化ホールにて
日本工業新聞社 フジサンケイ ビジネスアイ 主催の
次世代森林産業展が、8/1.2.3の3日間に渡り開催されました。

林野庁の森林研究機関、全国の森林林業関係、重機メーカー、
チェーンソーメーカー、計測器、ドローンメーカー、安全装備、苗木、
アロマ、海外からオーストリアの方々の出展

「オーストリアの林内路網整備・労働安全・事故防止」
「バイオマスエネルギーの事業紹介」
「樹護士アーボリストの技術と安全作業」
「将来の林業ビジョン」等々、専門家による各セミナー

内容は、盛りだくさんで紹介しきれませんが、
ビッグイベントがございました。

そんな中、我々、柳沢林業のメンバーも、各分野に分かれて、
森林産業展へと出かけて参りました。

伐倒練習機の体験デモンストレーション

樹木班、藤好茂克
伐倒方向を見定め正確に木を伐れるのか

伐倒方向は、多少のずれがあったものの、水平はほとんどずれがなく、
本日、NO,1の数字を打ち出し、キャップをゲット!

練習機での指導で、チェーンソーのにぎり方、刃の当て方など、
自らの癖を指摘され、基本を見直し、勉強になった事、
他県から来てる人も多かったので、ほんとに長野県で森林産業展があってありがたかったです。(藤 談話より)
今回の次世代森林産業展、林業に関する知識習得とスキルアップにつながったと思います。

柳沢林業、様々な知識と経験を活かし、創造力を広げ、林業をになって行きます。

 
提供:とう
編集:きたおか


山の神 土用の丑の日

2019.07.31  03:44  その他, 未分類, 社内行事

こちら、松本、梅雨あけしました。
そして、連日、暑い日が続いておりますが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

先週の7月27日は土用の丑の日でしたね。
やなりんでは、休み前の7月26日金曜日のお昼に、
みんな揃ってうなぎをいただきました。

 

 

どうです、この美味しそうなうなぎ丼
上に乗っかているのは、会長の畑で採れたきゅうりで
事務方の絵里さんが作ってくれました、
きゅうりのきゅうちゃんです。

 

他に、お施主様から頂きました、リンゴジュースやプラムをいただき、
みんな大満足、明日への活力となりました。

近年、猛暑で、尋常でない暑さではございますが、
みなさまも、お体ご自愛くださいませ、
失礼いたします。

写真:いぐち
編集:きたおか


岡田神社にて part2

2019.07.25  03:16  やなりん馬搬部, 未分類, 馬搬部

みなさま、こんにちは

前回の岡田神社のお散歩園児に変わりまして、
伐採&ヤマト、お仕事バージョン

岡田神社の境内の裏、境内の社に倒れるかもしれない木
サクラの木とスギの木の伐採依頼

 

 

 

 

 

 

 

 

特伐隊長、高力、華麗なるロープワークでサクラの木を伐倒

ヤマトに、挽かせるためにセッティング

 

 

 

 

 

 

ヤマト、GO!

 

 

 

 

 

 

 

 

GOGO、ヤマト!

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、木の似合う馬、ヤマト
トレーニング中は、やる気あるのか?と思っていたけれど、
お仕事モードに入ると、何だか違うヤマトでした。(犬飼談)

そしてそして、サクラの木は薪に
スギの木は、鳥居の修復に使用される、との事でした。

編集:きたおか


岡田神社にて

2019.07.17  12:08  その他, 未分類, 馬搬部

みなさま、こんにちは

雨が降りそうな、空模様の松本
やなりん事務所、岡田地区の産土神社、岡田神社へヤマト出動、
偶然、岡田神社へお散歩に来ておりました岡田保育園の園児たちと遭遇

待機中のヤマト

ヤマトの大きさにびっくりしつつ、興味があるけど、近づけない園児たち
(大人でも、びっくりするくらい大きいヤマト、性格は、非常に穏やかです。)

そして、馬方犬飼と、高力、だんらんのひと時

みなさまも、突然にヤマトと遭遇する日があるかもしれません、
その時は、よろしくお願いします。

きたおか


小谷へシナノキの樹皮を取りに

2019.07.15  01:20  未分類

みなさま、こんにちは

すっきりとした晴れ間が見えない、今日この頃そんな中の晴れ間、
長野と新潟の県境にあります小谷(おたり)へ。

安曇野にあります呉服屋さんからの依頼で、シナノキの樹皮を採取するべく、
4人の精鋭(代表の原、事務方の勝野、林業女子川本、ニューフェイス堀内)が、
行って参りました。

と、こんな感じで、樹皮を採取。
今回、呉服屋さんが、しな布で帯を作っていた文化を
再現しようと樹皮採取となりました。
最終”しな布”になるわけですが、
その工程と仕上がりが、とても気になります。

しな布
日本各地では、縄文から弥生時代から山野に自生する科(しな)、楮(こうぞ)、葛(くず)などの草木から取り出した繊維で糸を作り、その糸を織り上げ、衣装や装飾品として利用されていた、との事。
シナノキ科シナノキ属である「シナノキ」、「オオバボダイジュ」または「ノジリボダイジュ」は、縄文時代より、日本海側や東北地方の山野に多く自生している植物で、
山間部に生育する「シナノキ」の樹皮から、靱皮(じんぴ)を剥ぎ取り、その繊維を糸(しな糸)に加工し、布状に織り上げたものが「しな布」になる、との事です。
 

写真:かつの
編集:きたおか