令和3年の稲刈りすごかった

2021.10.28  11:58  未分類, 社内行事, 農業部

みなさまこんにちっは

 

早朝、外で吐く息が白くなってきました松本市岡田
気温差と天候が朝昼晩と全然違う気象条件

どうなっているの?

いや、これは人間が招いた仕業なのか・・・

と、去る令和3年9月末10月初めに
柳沢林業、稲刈りしましたの報告

今年の、作付け面積はここ2.3年の4倍
何故なら、食すお米だけでなく
お酒を作るための、酒米を育てたからです!
(酒米のことは、置いといて)
 

今日は晴れか明日は雨かで
お天道様と相談の結果
日を変え人員を変え
稲刈りを行いました。

こんな、昼間は暑いくらいの天気の良き日の稲刈りでしたが
すごかった

何故なら
今年は、天候もあったのですが稲刈り前に
雨の日が多く、田んぼの水が思った以上にひかなくて
田んぼの土が乾かなかったのです。
(昨年は、乾いててカチコチだったのに)

これから、田植えができますよくらいの
田んぼの状態でした。
(泥田でベトベト)

そんなところで稲刈り
稲刈り機も泥に埋まって動かない
それでは、手でやるしかないっしょ

と、ここ数年1日で刈れていた田んぼに3日間
しかも全部(手刈)
やなりんの精鋭たちが入れ変わり立ち代わりで
やり終えました。
(やったー、達成感すごいです)

非力ながらきたおかも参戦
田んぼの泥田でいつか洗礼を受ける
だろうと思いつつ
足を泥田にとられながらの作業

田植えの泥田でなくて
稲刈りの泥田でしりもちを
つきました
(やったね、うん)

と、いうわけで今年の稲刈りは
足をとられて
すごかった(笑)

以上、稲刈りのレポートでした。

 

小話:お米
「米」という字は「八十八」という文字からつくられたといわれています。
お米ができるまでには88回もの手間がかかる、という意味です。

この後稲は、”はぜかけ”→”脱穀”→”精米”と続きます。
本当に、「八十八」の手間がかかります
それ以上かも

今まで以上にお米が美味しく
ありがたくいただけます。

 

きたおか


ソマイチより~ 杣人が伐り出した木商っています

2021.10.20  12:53  やなりん木販部, 未分類

みなさまこんにちは~

秋の空
雲が高くなってきて
入道雲からすじ雲・ひつじ雲へ
蝉の声から鈴虫の声に
変わっています

今更ながら
月1回第一日曜日の”ソマイチ”では
木・材木を商っています

小さなものから大きなものまで
やなりんの精鋭たちが
山から伐りだしりたり
収集してきた宝モノたち

先ずは小物

・輪切りした木
・松脂がよくしみ込んだ木ろうそく
・松枯れ材を製材してもらって加工した木箱キット
・小さいキューブにカットした木等々

 

 

 

 

 

 

・獣の角にも見える
ねじれにねじれた木の枝たち
(なにこれ~)

 

 

 

 

 

・伐り出した場所と伐り出したメンバーの名前と木の種類がわかる板材

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・人が入れるくらいの、うろになった大きな木

 

 

 

 

・何の物体か、宇宙戦みたいな大きな大きな木(樹齢不明)

 

 

 

 

このように
紹介しきれないくらいの、木たちが揃っています。
見たり触れたり匂いだりカットしたり削たっり
アート作品になったり、燃料にしたり、登ったり
利用の仕方は工夫次第でいかようにも

来月の11月も店開きします。
案内しますので足を運んでみてください!

 

きたおか


9月のソマイチの感想

2021.09.06  01:14  やなりん木販部, イベント, 未分類

みなさまこんにちは~

朝は雨
昼は曇りのち晴れ
夕方はまた雨かしら?のお天気で
気温も暑いのか涼しいのか
へんてこりんな気候の松本

大きな災害なく過ごせるこの土地に感謝
コロナ対策強化週間のが出ました松本で
規模を縮小しいつものソマイチとは形を変えて
解放空間の提供としまして
ソマイチを開催させていただきました。

やなりんスタッフも4名の少人数で対応
来場者様も少人数でしたが
個々にゆったり過ごされ
スタッフと来場者様との交流もいつもより濃くて
なかなかいい時間を過ごせたと
やなりんスタッフ
口々に申しておりました。

写真
9月4日日曜日のソマイチにて
木のスツールつくり材料選びしてます。

後ろでは、どっからともなく現れた
卓球台で卓球をしている子供らがいます。


そして私は、このスツールの足に使われている
木が、リョウブ(令法)と言うことを
教えてもらって、一つの木の事を知れました。
(他にもいろいろありますよ)

この空間「で思い思いの遊び方がありますよ。
来てみて、除いてくださいな。

来月からの、ソマイチもお楽しみに!

きたおか


松本市岡田神社旧参道の大ケヤキ

2021.08.10  03:33  未分類, 特殊伐採事例

みなさま~

暑い日々が続きますね~
いかがお過ごしでしょうか

外で作業している、我らやなりんメンバー
熱中症に気をつけながらやっています。

この日は、松本市岡田東区にあります
市の天然記念物の大ケヤキに関わります
お仕事で樹木班出動

大ケヤキ、岡田神社の旧参道であります道路の
鳥居の手前に2本生育しています。
とても、迫力のある大きな木です。
(私が、松本に来て思ったことの一つ
街中でも大きなきがある土地なんだなと)

樹齢:不詳(何百年)
樹高:約20m
直径:約2m

参道が道路になった為か
木が弱って来ていて倒れそうなので
安全を確保しつつ残していく方向
との依頼を受けて樹木班の作業。
(何人も登ってる・上に立ってる)

 

 

 

 

 

 

 

数年前にも、やなりん高力(こうりき)が
この大ケヤキの剪定を任されました。
剪定技術もない私ですが
すごくすっきり剪定されて
この後この木はどうなるのだろうと思っていました。
そんな思いをよそに、木の生命力はすごく
枝葉をグングン伸ばし生きていました。

人の生活で変わってしまう環境の変化と
自然の偉大さの狭間で
何とも言えない部分を感じてしまう
私ですが感謝して
木のように力強く生きられたら
いいなっと思いました。

 

きたおか


集中豪雨の後の現場の作業道

2021.07.23  01:36  未分類

みなさまこんにちは

先週の7月15日 木曜日
松本市各所で集中豪雨がありました
その豪雨が過ぎ去った後の現場より

こちらは、松本市と塩尻市の境 高ボッチ高原の麓にあります
やなりんの施業地

松本市岡田の事務所より約20㎞ほど離れた場所で
豪雨の時間帯、事務所から高ボッチ高原方面を見ますと
真っ白で、高ボッチ高原の山の形は無く
方々で雷が轟いておりました。

やなりんメンバーは、避難して安全確保、
重機たちも何とか難を逃れていましたが
その次の日の現場検証で・・・。

人間のちっぽけさを目の当たりにし
自分たちが自然の中で仕事しているのだ
と実感せざる終えない場面でした。

何かあっても不思議でなく
何事もなくて超ラッキー

日々安全に無事過ごすことが
我らの仕事でもあります。

自然に感謝
山の神様に感謝
これからもどうぞよろしくお願いします。

きたおか


8月ソマイチの案内

2021.07.22  03:59  やなりん木販部, 未分類, 農業部

みなさまこんにちは!

梅雨明けの声ともに
気温がどんどん上昇
暑くなってきましたね

暑いながらもさわやか信州の木陰は
涼しいですよ、気持ちいいですよ

美味しいスイカでも食べながら
夏を満喫して楽しく遊びましょう♪

ご来場 お待ちしております。


7月 ソマイチでのヤマトの様子

2021.07.13  01:18  未分類, 馬搬部

こんにちは

梅雨が明けそうで
日差しが出ると気温の上昇が
激しく暑くなってきました松本

湿度と気温の上昇と共に
植物・作物・樹木も生きよいよく
成長をしておりますが

虫なども生きよいよく羽化し
飛び交っています。

特にアブがヤマトに引っ付いて来て
大変です。

ヤマトにアブが寄ってきますと
ヤマト落ち着いていられないので
夏場の乗馬は中止させていただいて
おります。

お散歩・ふれあい中のヤマト
道幅いっぱい
大きいのなんの

近年は、夏場 蓼科高原へ避暑に出かけます
今年も、出かける予定ですが
8月のソマイチはいますので
会いに来てください。

またお知らせします。

きたおか


7月のソマイチでツリークライミング

2021.07.13  12:00  イベント, 未分類

みなさま

梅雨に入り、各地での天候不順
いかがお過ごしでしょうか?

熱海市では土石流が発生して
大きなニュースになりました。
被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。
行方不明の方々が、無事見つかりますように。

松本の天気は小雨が降ったり止んだりの中でしたが
7月のソマイチ開催させていただきました

私(きたおか) ツリークライミングに初挑戦
ハーネスと呼ばれる安全ベルトなるものを
付けてロープにぶら下がり
10mくらいの高さを登ったり降りたり

少しの腕の力でできたので
高い所怖くない人は、老若男女楽しめますよ
小さい子供もチャレンジしていました。

と、こんなクライミング技術を駆使して
樹木班は特殊伐採を行っています
写真に写っている大きめの人は
ヒサツネ

今回、私は手ぶらで上り下りしましたが
特殊伐採で樹高が高く大きな木を伐る時は
他にも、チェーンソーを持ったり
別のロープで姿勢を固定させたり
伐採した後の木を安全に降ろすためのロープを
もっていたり、山道具のカラビナやらなんやら
機材山盛り身につけて仕事してます。

特殊伐採の仕事
知力・体力・技ありでやっているんだなと実感
したきたおかでした

みなさまも、ツリークライミング機会があれば
チャレンジしてみてください
木の上からの視界、世界が違って見えますよ


納材品の保管小屋 手作り

2021.06.18  02:08  その他, 未分類

みなさま こんにちはっ

新緑が過ぎ去り、山の緑が色濃くなってきて
梅雨模様の松本、今は
さわやか信州の風が心地よく吹きわたって
います。

去る、6月の初旬
山班 雨の日のお仕事としまして

来春納材予定の注文品1000本余りを
保管しておく小屋を手作りしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日かけて建てました保管場所、無事完成を
見まして、ばんざーい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木を伐るだけでなく、大工仕事も
手がけるやなりんメンバー
ごっつい手をしていますが
器用な人間多し
(すごいね)

きたおか