2020やなりん 田植え

2020.06.02  10:36  未分類, 社内行事, 農業部

初夏の風が、爽やかに駆け抜ける松本

今年で、3回目の田植え、今年度はアイガモ農法をお休みして
育ててみようと思います。
と言うことで、雑草は手抜こう作戦で参ります。

手植えの部分と、機械植えと今年の田植え~♪

抜き足差し足で歩くのが、田んぼを移動するコツ

植え方も、腰が据わってきましたよ~

はい、無事に完了、雨降らず薄曇りで田植え日和でした、お天道様ありがとうございます。

今年のお米は、どんな風に育っていきますでしょうか、お天道様よろしくお願いします。

きたおか


居眠りマサオPart2

2020.05.26  11:35  その他, 未分類, 農業部

こんにちは~

爽やかな風が、吹き抜ける松本の岡田
新緑から初夏へ、1週間で様変わり

木立から景色が見えていましたのも一変
重なり合う緑の世界。
麦も育ち、草花も沢山出てきて、木の葉が多い茂って
参りました、虫や蜂たちも出てきました(-_-;)

麦畑

つい最近まで、新鮮な草を求めて、泣いていたマサオですが、
満たされております。
気のせいかしら何だか、一回り大きくなった気がします、
はい、気のせいではありませんね。


斜面の畑で

2019.12.10  01:51  農業部, 馬搬部

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

師走に入りまして、早朝の車のフロントガラスが
凍り出しましたこの頃の松本

ほんの少しメタボチックなヤマト君のトレーニングも兼ねて
斜面の畑を耕してもらいました。

こちらの畑の土は柔らかで、傾斜でありスキがよく食い込みます、
こちらは比較的、小規模の畑なのでヤマトにとっては役不足
ヤマトには、広大なロングレーンの畑が似合うと、馬方 犬飼が
申しておりました。

 

おまけ、コタロウのどアップ
ヤマトが畑を耕している間、コタロウはお留守番
牧場で1頭いなないておりました。

写真:そらと
編集:きたおか


カモ料理試食会

2019.11.22  03:30  未分類, 農業部

みなさま、こんにちは

前回のブログは、衝撃映像でした。
実は、衝撃映像の日の数週間前に、
今後に繋げようカモ肉と題しまして、
秋の気配を感じながら
お食事会に行ってきました。

カモ解体処理設備の整っている、津村農園さんのご自宅兼
山と里の境目、小川流れるお食事処”かわきた”(要予約制)

先付、小付けに始まりまして、前菜

鴨の治部煮、ロースト鴨

鴨のコンフィ

鴨の首の肉の餃子


鴨の燻製

鴨油使用のパウンドケーキ

後、アイガモ米に汁物等々、出るは出るはのフルコース

 

津村奥様、寿美さんの手によるお料理の数々、驚きの連続、
鴨の臭みは気になる事がが多いのですが、
そんな先入観はどこ吹く風、
愛情たっぷり、お腹もたっぷりで大満足
とにもかくにも美味しゅうございました。

やなりんのアイガモさん達も美味しい料理になって
いただきたいです。
色々な、アイデア料理教えてください。
みなさまにも、お届けできる日が来ますように。

 

はら、かつの、たじま
みどり(ソマミチ)よしかわ(ソマミチ)より

写真:かつの、よしかわ
編集:きたおか


アイガモ解体日

2019.11.21  03:52  未分類, 農業部

みなさま、こんにちは

この日を、ブログに載せようか迷いましたが、
勇気をもってアップしました。

9月の半ば、稲収穫を前に、田んぼから土場の横の
空き地に引っ越してきたアイガモ達

11月15日、今日は、アイガモの解体日
安曇野市三郷小倉にあります、津村農園さんの持つ解体処理施設にて
やなりんから有志6名 カモ16羽 参加。

普段は命をいただいていると言う事を忘れがちですが、
この貴重な機会に改めて、
別の命をいただくことによって、
自分が生かされていると実感できました。
様々な気持ちが湧いてきて来ましたが、一番強く思ったのは、
”ありがとう”言う感謝の気持ちでした。

(有志 たじま談より)

この場には載せませんでしたが、放血がショックで生命の殺生をすると言う
実感があり、何とも言えない気持ちでした。
普段は、スーパーでパックに入ったモノを購入して、食べているけど、
今回の経験は、解体処理をして命をいただくと言う、実感がありました。

(有志 よしひろ談より)

私にとっては、勇気がいりましたが、何が自然で本来の姿なのか‥‥。
みなさまにも何かを感じ取っていただければと存じます。

 

写真:よしひろ
編集:きたおか


馬耕トレーニング

2019.11.11  02:15  その他, 農業部, 馬搬部, 馬搬部

こんにちは~

秋が深まり、朝晩の冷え込みが激しくなってきて一気に
紅葉が進みました、松本。

晴れたこの日に、アイガモ米を育てた田んぼを、ヤマトに耕して
もらおうととレーニングもかねて、出てみました。

 

馬具をつけずに始動

ご近所の、空人君も参戦して歩いてみました。

馬具をつけづに始動

馬具をつけて始動

馬具をつけて、すき込むのですが浅かったり深かったり加減が難しいです。

回を重ねるごとに、ヤマトも調子よく動いてくれて、全体を耕すことができました。

トレーニング終了、事務所で一服して牧場へ。

犬飼さん、田島さん、ヤマト、空人君、今日も1日お疲れ様でした~
これからも、呼吸を合わせて参りましょう。

写真:そらと いぬかい
編集:きたおか


アイガモさん

2019.06.24  02:26  未分類, 農業部

皆さま、こんにちは、
梅雨模様が、見え隠れする松本

今年も、アイガモさん達がやって参りました。
5月末に来まして、早ひと月近く
日に日に大きくなっております。

昨年、初めてアイガモ農法にチャレンジしたわけですが、
実に、様々なことがございました。

アイガモを外敵から、守るため、ネットを張ったり(キツネやハクビシン)、
防鳥糸を張り巡らしたり(トンビ、カラスやノリス)しました。
そんな中、ネットの隙間から、脱走する(出てしまう)アイガモ。

ご近所さんからの、通報により幾度となく、出動。
そんなこともありながら、無事に収穫を迎えたこの年。

今年も、試行錯誤しながら、アイガモ達を迎え、チャレンジしていく次第でございます。

 

お天道様、アイガモ達、近隣住民の皆さま、ご協力の程よろしくお願いいたします。
今年も、美味しいお米が実りますように(*^_^*)

きたおか


田植えしました

2019.06.10  03:20  未分類, 農業部

みなさま、こんにちは

信州も、梅雨入り、小雨まじりの夕方
今年の、やなりん農業部門始動。
昨年と同じ田んぼで、アイガモ農法での、米作りスタート。

田植え機で植えた後に、出来た隙間や田植え機で、
植えきれなかった所を、やなりん精鋭部隊で、手植えしてます。

並んで、スタート

泥田の中、ひょいひょい慣れた足どりの者、かたや、足が抜けず苦戦している者と様々

 

苗なくなりました~
俺に任せろ、畦からパ―――ス(届いたのかなっと)

とそんなこんなでも、田植え無事に終了

アイガモさんもやって来てのお米作り
今年も、美味しいお米が出来ますように。

 

写真:かつの
編集:きたおか


脱穀作業

2018.10.18  09:47  その他, 農業部

みなさま、こんにちは
本日は、稲を刈り取り、はぜかけをして、約1週間ほど経ちましたこの日、
お天道様のはからいで、脱穀作業開始。

今日は、精鋭部隊に代わりまして事務方中心での脱穀作業

脱穀機に稲の束を投入していきますと、あら不思議、藁とお米が分かれて袋にどんどん入って行きます。

たわわに実った稲

かつのさん脱穀中

良子ちゃんとかつのさん

 

 

 

 

 

 

 

藁を束ねて、袋がどんどん増えて行きます。
地味な作業ですが、手ごたえありの作業です。
お百姓さんの足腰が強くなるのも分かりました。

藁、林立

脱穀の後

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ1日がかりで無事終了、麻袋約30袋分収穫できました。(もみ殻付き)
これらを、精米していただきます。
来週みんなでいただきます、楽しみです(^^)/

きたおか


稲刈り

2018.10.12  11:03  未分類, 農業部

ジワリと寒さが近づいてきました今日この頃、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

台風が接近したり通過したり後のやなりんの稲刈り、今日か明日かと時は過ぎ、
この日に決行。

ほとんど泥田状態で、コンバイン2機作動できず手刈りで開始

櫨木(はぜぎ)に稲をかけ天日干しにしてゆきます。
はぜかけをするとお天道様の力で、お米が美味しくなるのだそうです。

手刈り2

 

 

 

 

 

 

 

稲架掛け(はぜかけ)

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、コンバインが起動しない中、今日中に終わるのかな?精鋭たちの胸にそんな思いがよぎっていました。

そんな所へ、救世主もう一台のコンバイン登場!

早いすごい文明の利器、どんどんどんどん刈取りが進み、稲リレー稲刈りかなり盛り上がって来ました。
やなりんのチーム力最高潮‼

ひと休み

コンバイン出動

稲リレー

稲リレー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やりました、終わりました、できました。

やなりんの精鋭たち頼もしい、素晴らしい👏

刈り取り終了

稲刈り完了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

精鋭たち、凄まじい田んぼでの収穫ありがとうございました。
収穫祭で、おいしいご飯をみんなでいただきましょう。

きたおか