やなりんのお米でお酒できます

2022.01.26  01:45  未分類, 農業部

みなさまこんにちは

いかがお過ごしでしょうか

昨年の秋に収穫しましたやなりんの酒米が
お酒になります。
(本当につくるのか分からなかったのですが本当でした!)

12月中旬頃から精米しましたお米を
松本市内にあります蔵元様で仕込で
もらっています。

1回 300㎏のお酒米で仕込み
予想を超えて600㎏のお米を仕込んで
いただく事になりました。
(すごい量)

 

蒸されている 酒米 蒸気がぶわ~っと

蒸しあがったお米 機械で宙ぶらりん

女鳥羽の泉

 

何回かに分けての仕込み
見学させていただきました!
(お米触りました・かき混ぜました✌)

松本市内に滾々と湧き出ている泉
天から山から地下からめぐってきました
美しくて、とってもおいしそう
きっと、美味しいお酒ができ上がるでしょう。

思った以上に早く出来上るようで
2月の下旬頃には発売される予定です。

楽しみです!

 

きたおか


令和3年の稲刈りすごかった

2021.10.28  11:58  未分類, 社内行事, 農業部

みなさまこんにちっは

 

早朝、外で吐く息が白くなってきました松本市岡田
気温差と天候が朝昼晩と全然違う気象条件

どうなっているの?

いや、これは人間が招いた仕業なのか・・・

と、去る令和3年9月末10月初めに
柳沢林業、稲刈りしましたの報告

今年の、作付け面積はここ2.3年の4倍
何故なら、食すお米だけでなく
お酒を作るための、酒米を育てたからです!
(酒米のことは、置いといて)
 

今日は晴れか明日は雨かで
お天道様と相談の結果
日を変え人員を変え
稲刈りを行いました。

こんな、昼間は暑いくらいの天気の良き日の稲刈りでしたが
すごかった

何故なら
今年は、天候もあったのですが稲刈り前に
雨の日が多く、田んぼの水が思った以上にひかなくて
田んぼの土が乾かなかったのです。
(昨年は、乾いててカチコチだったのに)

これから、田植えができますよくらいの
田んぼの状態でした。
(泥田でベトベト)

そんなところで稲刈り
稲刈り機も泥に埋まって動かない
それでは、手でやるしかないっしょ

と、ここ数年1日で刈れていた田んぼに3日間
しかも全部(手刈)
やなりんの精鋭たちが入れ変わり立ち代わりで
やり終えました。
(やったー、達成感すごいです)

非力ながらきたおかも参戦
田んぼの泥田でいつか洗礼を受ける
だろうと思いつつ
足を泥田にとられながらの作業

田植えの泥田でなくて
稲刈りの泥田でしりもちを
つきました
(やったね、うん)

と、いうわけで今年の稲刈りは
足をとられて
すごかった(笑)

以上、稲刈りのレポートでした。

 

小話:お米
「米」という字は「八十八」という文字からつくられたといわれています。
お米ができるまでには88回もの手間がかかる、という意味です。

この後稲は、”はぜかけ”→”脱穀”→”精米”と続きます。
本当に、「八十八」の手間がかかります
それ以上かも

今まで以上にお米が美味しく
ありがたくいただけます。

 

きたおか


8月ソマイチの案内

2021.07.22  03:59  やなりん木販部, 未分類, 農業部

みなさまこんにちは!

梅雨明けの声ともに
気温がどんどん上昇
暑くなってきましたね

暑いながらもさわやか信州の木陰は
涼しいですよ、気持ちいいですよ

美味しいスイカでも食べながら
夏を満喫して楽しく遊びましょう♪

ご来場 お待ちしております。


令和3年やなりん 米つくり始動

2021.05.14  03:46  農業部

みなさまこんにちは

3月末から4月上旬すごく暖かく
サクラがあっという間に咲き、そして散り
どんどん春まっしぐらかと思いきや
花見も夜桜見物も結構ひんやり寒かった
GWの天気の移り変わりも激しかった松本

やなりん
米つくりの準備、着々と進んでおります。

農業部門 たじまが苗の準備
代掻きと奔走する今日この頃

勢いよく芽吹く かわいい苗たち

3月ヤマトが耕した後に続く、たくましいトラクター

そして、代掻き(田植え前の土台をつくる作業)後の
きらめく美しい田んぼ
いい感じです~

今年はどんな美味しいお米が育つことでしょう
自然の力にはかなわない無力な私達ですが
お天道さまよろしくお願いします。

きたおか


春 ヤマトの馬耕

2021.03.23  01:05  未分類, 農業部

みなさまこんち~

梅の花が咲きほころび
庭で蕗の薹(フキノトウ)がとれる
場所にありますやなりん事務所

人間が踏み固めた地面を突き破って
春の芽吹きがにょきにょきと顔を
出し始めました、植物の生命力の
すごさを感じます。

冬が終わりになってきて
田おこし・畑の準備で農業班がせわしなく
なってきました今日この頃
ヤマト、斜面の畑に馬耕で出動

 

 

 

 

 

 

デデーン やっぱり大きい
いつ見ても大きいヤマト
馬力で土を起こして耕して行きます。

力の単位になるくらいの力
馬力なかなかすごいです。

そんなヤマト
畑に行くときは公道を歩いておりますので
お会いしましたら声をかけてください。

なんて、平日のお昼間、畑で人に会うことは
滅多にありませんけどね・・・。

春、うらら 陽気を満喫しましょう🌸

きたおか


3月ソマイチの案内

2021.02.26  11:23  お知らせ, やなりん木販部, やなりん馬搬部, 農業部, 馬搬部

みなさま こんにちは

やなりん事務所の庭の福寿草が
あたたかくて開花したり、さむくて閉じたりと
気候の変化が激しい今日この頃

3月のソマイチやります
そのご案内

コロナ騒ぎも落ち着きませんし
気候の変化も激しいけれど
それもこれも自然の事

体調管理に気をつけて
春の日差し空の下
楽しく元気に過ごせたら
いいなぁと思います。

きたおか


やなりん事務所”玄関マルシェ”

2020.12.18  12:13  未分類, 農業部

みなさまこんにちっは

師走も半ば過ぎ
凍てつく日が多くなってきました松本
雪も降って積もってきましたよ (数㎝)
寒い・寒い

そんなこんなで話はかわりますが
やなりん事務所の”玄関マルシェ”

農業部門 筆頭若頭 田島
早朝、畑から野菜を収穫
泥のついた収穫物を丁寧に・丁寧に洗い流し
拭いて・拭いて磨きをかけて
その後、黒崎と咲香さんが出荷の準備をいたします。

と玄関には、味のある野菜たちが!

 

 

 

 

 

 

 

今までも、農家さんが作ってくれた野菜達を
ありがたく購入していました、私
(私、食すばかりで作物作ってはいない
因みに、やなりんメンバー自給野菜作
っている者多し)

農家さん・お天道様・大地よやなりんよ
ありがとうございまっす

やなりん野菜にやなりんチャレンジ米
畑が身近にあって新鮮でかわいくって
美味しいでっす

みなさまにも食していただきたい
まだ、多くは出回ってわっておりませんが
松本市内にあります

生産者直売所  アルプス市場
NPO法人    てくてく
パニーニ屋さん Hibikittinn

に卸しております、見かけしたら食して
みてください。

きたおか


ヤマトの”フン”は田んぼの肥やし 

2020.11.27  12:58  未分類, 農業部

こんにちは~

見事な紅葉達が舞い散り
日中日差しがあると温いけど
朝晩ストーブ無しでは、いられなくなってきました
こちら松本

11月23日(月)勤労感謝の日 ヤマト 馬耕で出動
犬飼・田島・農業部門Newメンバー黒崎道子
サポート田島咲香で田おこし

3年前から田植えをしていますヤマト牧場、
やなりん事務所からほど近い田んぼ

仕事モードだけどカメラ目線でドヤ顔のヤマトです。

 

サポートの咲香さんにインタビュー
”ヤマト、田んぼで放尿5・6回とうんちしたんですよ”

無農薬・無化学肥料で行う予定の田んぼ
毎日、草を食べているヤマトの栄養が・・・

ヤマトのフンできたては、はっきり言いましてにおいます
でも数時間立つと、さほど気にならなくて、
乾燥すると、ほとんど匂いません。

 

来年も、美味しいお米ができるっかな~っと♪

 

きたおか


やなりん 米づくりのお話

2020.10.26  01:19  お知らせ, 農業部

自然の恵みをダイレクトにいただいて生活している柳沢林業。

林業の会社である「やなりん」が、なぜお米をつくるの?

と不思議に思われてるかもしれませんね。

 

 

自然の恵み、中でも水は、すべての命を支える大切なものです。

その “水“の大切さを身体で実感できるのは、稲作ではないか。

こんな風に代表の原が思い立ち、やなりんの米づくりが始まりました。

 

私たち やなりんメンバーは、普段グループ単位で仕事をしています。

だから、一人でできない仕事を協力して行うことはよくあります。

でも、社員全員が一緒に仕事をするという場面は、以前はありませんでした。

 

米づくりは、

山からの恵みをもたらす水の大切さを実感できる上に、

社員みんなで一緒に汗を流してチーム力をアップできる。

これが、やなりんでお米をつくる理由です。

 

 

なぜ、林業の会社である やなりんが、お米を作っているのか?

その理由をおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

余談ですが、「来年は酒米をつくろうか」と代表の原がつぶやいておりました。

いつも忙しそうに飛び回っているうちの代表。

実は日本酒が大好きなんです。

 

今後、やなりん米で仕込んだお酒が登場するかもしれません。

いや、もしかしたらすべて自家消費してしまい、出回らないかも!?

さてさて、どうなるでしょう・・・。

 

私たちが力を合わせて育てた令和2年産のお米。

無農薬&天日干し コシヒカリです。

みなさまにもお届けできるよう、ただいま販売準備中です。

 

準備が整い次第、ブログ・HPにてお知らせいたします。

楽しみにお待ちくださいね!

 

きたおか