事務所駐車場外構工事

2019.01.21  03:23  その他

 

新年を迎え、なんだかんだと時が過ぎ、やなりんメンバーもだんだんと通常のリズムを取り戻しつつあります。

 

そんな中、先日事務所の駐車場の拡張整備が行われました。

以前にもご紹介しましたが、柳沢林業の事務所は大きな民家をお借りしております。

 

こちらには立派な土蔵が二つと、昔懐かしい風情のお庭がついておりまして、四季折々の眺めが楽しめる事務所であります。

 

今回大家さんの許可をいただき、こちらのお庭のスペースを少々広げさせていただきました。

ありがたい事に、様々なお客様が訪ねて来て下さる柳沢林業ですので、時には皆さんの車が停めきれないという事もありました。

けれどこれで駐車場のキャパが大幅に拡張です!

 

大は小をかねる!
民家の外構工事にコンマ2.5を投入。でかい(笑)

 

5台分くらいは増えたかな?

 

 

今年はますますにぎやかになりそうな予感がします。

さてさてどんな一年になりますやら。

 

小山

 

 

 


あけましておめでとうございます

2019.01.11  12:59  社内行事

 

皆さま、お正月のお休みはいかが過ごされましたでしょうか?
柳沢林業では新年の営業が始まっております。

正月明け初日。
まずは地域の氏神様への御参りをして、安全祈願。
その後は連休でゆるんだ体と心を目覚めさせるがごとくに、斧=ヨキで三ツ紐伐りによる伐倒を行ないました。

電動の刃物を使わずに、皆で大事に一本の木を伐ります。

 

 

現場の衆だけでなく、社長も、事務方も、皆で斧をふるって木を伐りました。

 

 

 

木こりの原点。

初心を忘れず、安全第一で仕事に臨みたいと、気持ちを新たにする仕事始めでありました。

それでは皆様、今年も一年、柳沢林業をよろしくお願い申し上げます。

 

小山

 


愛犬 銀次

2018.12.26  03:42  社員SNAP&LIFESTYLE

今日は、やなりん初ブログ参戦の古幡隆二さん
愛犬”銀次”のご紹介

松本市の稲核(いねこき)と言われます地域に、モンキードッグを導入される際、お手頃価格で、譲り受けられました、北海道出身 ”銀次” 御年5歳

飼い主隆二さんより、飼い主に似ず、結構凶暴です、との事。

 

隆二さん、お休みの日のお散歩から

 

 

 

「モンキードッグ」とは、人間のために「猿」から農作物被害を守るために活躍してくれるお仕事をする訓練された犬で、

モンキードッグを取り入れた自治体によりますと、モンキードッグを導入して数か月で周辺地域への「猿」の出没が少なくなり、農作物被害も軽減されたといいます。

ですが、これは日々、モンキードッグの飼い主さんが散歩をしながらパトロールをして、努力を続けているからです。「猿」は、とても学習能力の高い動物のため、モンキードッグがいない地域へ出没場所を変えてしまうのが課題だ、との事です。

戌年よさようなら、皆さま来年も、よろしくお願いします。

提供:ふるはた
編集:北岡


特伐の仕事 お墓にて

2018.12.21  11:24  最近の現場, 特殊伐採事例

みなさまこんにちは

師走で世話しない、今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
現在のところ松本は、2、3回雪が舞った程度で、まとまった
雪は積もっておりません。

今日は、特殊伐採の紹介
近年、各地で松枯れが深刻な状況、お寺様より倒木の危険性のあるお墓の
松の木伐採依頼で、樹木チーム出動!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私には、作業の詳細は分かりませんが、クライミング、リギング技術を駆使しての作業。
伐った木が、お墓の中に落ちず、ロープを伝って安全な
所まで移動し着地します。

チームで力を合わせやっております。

以上、紹介でした。

 

きたおか


ご縁と『社員の顔』マイナーチェンジのお報せ

2018.12.13  09:40  社員SNAP&LIFESTYLE

少し前の話になります。

とある旅人の方が柳沢林業をたずねていらっしゃいました。

名前は園田滉樹さん。

日本中を旅しながら林業の写真を撮られているとのこと。

色んなものがみたい!色んな人と出会いたい!と旅をされている方がいるのは時々耳にしますが、『林業の写真を撮る』というように明確な目的を持って旅をされている方に出会うのははじめて。

しかもその方は来春から林業家として暮らすことが決まっておられるそうです。

私は直接お話しする機会は無かったので、彼がどんな想いで林業を選んだのか、また、どんな想いでファインダーを覗き、これから自分が飛び込む世界を切りとっているのかはわかりません。

けれど、彼の作品を見て感じるのは、林業という世界へのキラキラした眼差しです。

彼の作品は光に溢れ(確かに物凄く晴れた日ではあったけれども)、普段見慣れている仲間が、『あれ、この人こんな顔してたっけ?』と思ってしまうくらイイ顔をしているのです。

簡単に言うと

『さわやかでカッコイイ!林業楽しそう!!』

てなる感じ。

許可をいただいたので一部を掲載させていただきます。

 

 

 

 

 

こちらの写真は特伐チームばかりですが、山チームもバッチリ撮影していただきまして、『社員の顔』に使わせていただいております。

紹介文もマイナーチェンジさせていただきましたので、よかったら見てね★

更にやなりんの写真以外にも、旅先で撮影された写真やコメントが園田さんのFacebookに日々アップされておりますので、そちらも是非ご覧ください♪

園田滉樹さんのFacebookはこちらから↓

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004138600439

 

 

写真で自分の見たものを切り取れるってものすごく素敵ですよねー。

自分の体験を人に伝えたい時、文章ってすごく難しくて、「語彙力!語彙力をくれーーー!!!文章力カモンっっっ」てすごくもどかしくなる。

写真が簡単という意味ではありませんが、視覚を超えるほどの文章を書ける人なんてプロでも一握りなんじゃないかと思う。

比較する対象は違うけど、文学賞とった小説家さんが、NHKの対談番組で某椎名〇檎さんにそれに似た事を言っていた。

「小説は書く方も読む方もめっちゃまわりくどい。テーマにたどり着く為に一冊必要。でも音楽は数分の中にそれを込められる」

会社のブログは、お客様へのお報せやご報告の為もありますが、林業の魅力や木こりたちが日々見ている風景、感じていることを発信していく場なので、私も拙いながら皆さんに少しでも伝わるようにがんばりたいと思います!

それではまた。

小山


ヤマトの日秋祭りPart3

2018.11.30  12:20  その他, イベント

ヤマトの日秋祭りの内容紹介 遊んだ方々

 

 

 

 

 

 

手作り感満載の受付、トラック市

 

 

 

 

 

 

コーヒーですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

燃え盛るピザ窯、400度以上、ピザ作成中

 

 

 

 

 

 

参加者オンステージ

 

 

 

 

 

 

ロープあそび、火遊び、マシュマロ焼いてます。

 

 

 

 

 

 

苔ぼっくり、松ぼっくりに苔、植えています。

 

 

 

 

 

 

里山耕そう会のメンバースタッフで、終了写真。

開催に当たりまして、メンバースタッフ準備かたづけご苦労様でした。
ご来場の皆さまも、足をお運びありがとうございました。

笑顔あり、煙の涙あり、美味しいものあり
こんな感じで、里山の身近にあるもので、楽しいひと時を、
作れたことに感謝します。

次回開催のお楽しみを!

きたおか


ヤマトの日秋祭りPART2

2018.11.30  11:00  イベント

ヤマトの秋祭り
内容盛り沢山、参加動物たちを、少しご紹介いたします。

ご近所のよこや農園さんから、ヤギのヒメちゃんとまさおくん、
三か、女子大生2名のリヤカーに引かれて登場

ひめ、行くぜbyまさお

ヤッホー

なごみの風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日中暖かくてお天気も良かったので、牧場で気持ちよく過ごしてました。

続きましてコタロウ、イベントデビュー

コタロウ通りま~す。

コタロウサンタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コタロウ、小さくて少し毛足が長いので、ぬいぐるみみたい、
来場者に、可愛がられていました。

続く……。


ヤマトの日秋祭り

2018.11.28  02:35  イベント, 馬搬部

2018.11.24 よく晴れました、この日
ヤマト”馬耕”イベントに出動

馬具を装着すると、身が引き締まるのか、
いつもより、凛々しく見えるヤマト

参加型馬耕体験でロングレーンを耕しています。
ギャラリーの方々にも喜んでいただき何よりでした。

ぽくぽく、ぽくぽく会場へ

馬具装着 シャキーン

昔、こんなだったのかな

何やってるの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年この畑で、なにが実っているか楽しみです。
ヤマト、ありがとう、これからもよろしく!

きたおか


ヤマト道端で

2018.11.23  11:35  お知らせ, 馬搬部, 馬搬部

今朝方、小雪が舞い降りたました、松本市岡田
こんな場面もございます。

11月24日ヤマトの日秋祭りお控えての、ヤマト馬耕トレーニング
の道すがら、お子様と行きあいました。

 

 

 

 

 

 

みなさま、ご存知でしょうか。
ヤマト=お馬さんは、道路交通法上なんと”軽車両”扱いなのです。
だから、公道を歩いていてもなんら問題はないのです。
ですが、お馬さんも生き物”うんち”などをしたり、草を食べたり、
標識が読めなかったりとするので、誰かが付いてないといけない
という問題がございます。

以下、参照文あり

馬は「軽車両」です、ほかの「軽車両」と同様に道路交通法を守る必要があります。標識の確認もしなければなりませんし、信号無視も禁止です。
また、同じ軽車両である自転車などと同様に、歩道と車道の区分がある場合には、車道を通行するのが原則です。
もちろん、飲酒して馬に乗る飲酒乗馬も禁止となるので、やめましょう。

道路標識などで最高速度が指定されている場合、標識に従いましょう。指定速度を超えた場合は道路交通法違反となるので、注意が必要です。馬が突然暴走したということは言い訳にはなりません。標識などによる速度制限がない場合は、軽車両については法定最高速度の指定がないため、どんなに早く走っても問題ありません。もっとも、無謀な走らせ方をすれば、安全運転義務(道路交通法70条)違反になる可能性はあります。

では、駐車禁止の場所に馬を止めた場合はどうなるのでしょうか。犬などであれば、駐車禁止の場所で待たせていたとしても、特に問題はありません。ということは、馬も大丈夫だと思いたいところですが…やはり「軽車両」であるからには「違法駐馬」となります。「違法駐馬」をした場合は、撤去されるおそれもあるでしょう。

なお、自転車の傘さし運転は各自治体の道路交通規則が禁止していますが、馬に対する禁止規定は見当たりません。ただし、傘をさしながら馬に乗る傘さし乗馬については、状況によっては安全運転義務(道路交通法70条)に違反する可能性があります。雨の日はレインコートを着用し、傘さし乗馬は控えましょう。

との事です。
参考になりましたね。
みなさまも道端で、ヤマトに遭遇できるかもしれませんよ

ではまた、ごきげんよう(^_^)/~

きたおか


お花屋さんに選ばれて

2018.11.16  02:50  未分類

みなさま、こんにちは

ちょっと見ていただきたい”もの”がございます。

松本市にありますフローリストhabaさまよりごご注文いただきました。
カラマツの輪切り、十数枚。

素敵な森の中から、伐り出しました、カラマツの輪切りが、
こんな素敵な姿になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま、ご覧になっていただけましたでしょうか、こんな風にやなりんの
商品が扱われるなんて、思ってもみませんでした。

素敵です、綺麗です、素晴らしいです。

とこんな一コマもあると、楽しい世界が広がりますように。
habaさま結婚式の皆さまのお幸せを、お祈りします。
ありがとうございました。

提供:かわもと
編集:きたおか